日々思ったコトをつらつらと。

「この前お母さんのお兄さんの50回忌があったでしょ。
で、考えたらゆきお君の50回忌がお母さんが80歳になった時なのよ。
だからお母さんも80まではがんばらなくちゃって思って。」

そう言ってさらっと本気を口にした母。
ゆきお君とは2歳で逝ってしまった私のもう一人の兄。
私は写真でしか知らないだけど、そうかここにももうすぐ50年がやってくるんだなあって。
でもそういう節目も、母の中の生きる力になるのであれば、と思う。
そしてこれからの7年が私にとってもちょっとだけ意味をもち始めたような、そんな日。


さてさて、そんな暑い日の中、実家に持って行った目に優しく爽やかなお花たちをペタリ。

IMG_5456.jpg

これ、今日一目惚れしたヒルデニュームのプラチナブルーというお花。
見ての通り、光の加減で見え方がちょっと違ったり、とにかく素敵なブルー。
あら!かわいいお花じゃない、と言われ大満足でありました。
IMG_5446.jpg


そして多分初めて買ったぞ、な黄色いカーネーション。
丸くて優しく陽気な感じがとてもかわいい。
実際は写真よりもうちょっとポップ感があったかな。
IMG_5450.jpg


ずっと眺めてたい花に出逢うと、なんかちょっと、、しあわせ♡
2017.05.21 / Top↑
タカダチカラさんと高田リオンくんのツーマンライブでした。

ニライカナイ
何かしら(一瞬ATMって書きそうになってしまったw)
365日
ひとつのサイクル
夢を語れ
センチメンタルバイバイ
僕の出番
これが好きだから
歴史を刻め
俺がお前の父ちゃん
EN:泥舟(新曲)
ラスト:日曜よりの使者(セッション)

地元赤羽ということもあって、ご兄弟共通のお友達がいらしてたようなのですが、今までのライブではないような会場からのツッコミオンパレード(笑) お兄さんとのオモシロイ掛け合いを目にした後はいらぬ心配をしていた我々ですが、、、いやいやいや。リオンくんも普通に面白ーく返していた。和気あいあいでリラックスしてる様子の中にも説得力のある唄がくるので、、いや~メリハリがあって良いライブでした。昔は口きかない時期もあったというタカダ兄弟、今は飲んで語ることも多く・・・というお話の通り、その関係性がそのままライブ空間に現れていたんじゃないでしょうか。

旅のエピソードを交えつつ、センチメンタル、僕の出番のMCではちょこちょこ笑いをいれて繋ぎ、そこからのこれ好き、歴史の流れ。いや~楽しかった!気持ち良かった~。そしてその後に続く俺がお前の父ちゃんですよ。。
最後の新曲は生み出すのに苦労したとのことだったけど、ああいうメロディにあんな感じの歌詞、
そんな唄を歌うリオンくんが見れたことがまたすごく嬉しかったのでした。

しかし、、タカダ兄弟熱さも含め色々とそっくり。
チカラさんの歌詞も刺してくる感じで考えさせられると同時に、歌詞にラーメンが出てきた時は、、、
友達と顔を見合わせました。笑
2017.04.30 / Top↑
IMG_5131.jpg

私の「絶対、大丈夫」(略してZDJB)ツアー初参戦は初日二日目の川口リリアホールでした。
15周年ということもあり、「大傑作撰」に注目がいくと思うんですが、私としてはまず、とにかくアルバム「嗚呼」の存在。
このアルバムが本当に大好きで大好きで、大好き過ぎて自分が気持ち悪い。←おい
そして復帰後の直太朗さんが良い感じだなあと思っていたこと、あとやっぱり小休止したのもあって、できるだけこの人の歌を聴きに行きたい。そんな風に思っていたので、、、この14年間かつてないほどチケット申し込みました。笑

新体制になってどんな演出なのか、若干のドキドキもあったけど、ワクワクがいっぱいでいっぱいで、待ち焦がれていたのですが、結果、チケット沢山申し込んでおいて良かった・・・!!そんな常に期待の一回りもふたまわりも上をいくチーム森山。

そして、なんか書くのが久しぶりなのと上手く書けないのと、盛りだくさんで、眠気が・・

自分用の備忘録として、少しずつ書き足して行こうと思います~
2017.04.30 / Top↑
コースを変更するとできない2クラス連続受講。
いまのうちに・・・でもへとへとになっちゃうかしら。・・・と、ちょっとドキドキしながら受けたホットヨガ。
汗の量がハンパなかったけど、結構大丈夫でした。ホッ。

達成感と浄化作用なのか気持ちも体もやけにスッキリ。
でも明朝の体ばきばき感がコワい。
とはいえ、老体ゆえ、それは明後日かも知れない。 ←明後日より後だったら恐怖


明日から新年度。
学生の時は苦手だった春も、私の中で少しずつ、ちゃーんと変わってきているのだ。
今年もどうぞよろしくね。
2017.04.02 / Top↑
IMG_5331.jpg

大宮エリーさんの写真集発刊記念&スライドショーに参加してきました。

私、エリーさんの絵がすごく好きなんですが、写真集も想像通り、というより、、想像以上、でした。
なんでしょうね、あの素晴らしい景色に加え、そこで起きた数々のスピリチュアルな出来事。
そしてそれを面白可笑しく話すもんだから会場爆笑。実際、話自体がもうコントとスピリチュアルの融合みたいな。笑

でも自分はスピリチュアルな人ではない、ただ周りにそういう人や出来事が集まってくる、と話していたエリーさん。
うーん、、今回思ったんですけどね、多分エリーさんは人間代表なんだと思う(笑)
エリーさんは 「あなたの見たものを周りの人にも分けてあげる段階にきてる」と言われたことが一つのきっかけにもなったようだけど、本当に”見えないものを伝えていく”という役目を与えられた人なんじゃないかと。そうとしか思えない話が今回も聞けたし、なんかそう思うのが一番しっくりきて自然な気がした。

ところでね、エリーさんのトークってめちゃくちゃ面白いんですけど(毎回声出して笑っちゃうw)、ふと、今自分すんごい満面の笑みしてるなって思った時のこと。「あ、この感じ、直太朗さんのライブの時みたい・・!」って気づきました。つまり、その人の作品が大好きでその人の空間も心から楽しんでるって状態。
実際、彼女の作りだしたものを観たり聞いたりしたあとって不思議と元気が出るんです。
貰いものじゃなくて自分の内側から自分のチカラで元気になろうとするようなパワー。
大きなスクリーンいっぱいの景色と音楽と朗読のおかげでとても優しい気持ちになったし、爆笑トークでは思いっきり笑って楽しい一方、エリーさんの本音も励みになったり。帰りはやけにすっきりした心地よい気持ちでした。自分で自分を縛る必要はないんだ。もっともっと旅しようって思った。時間と環境が許す限り。もちろん、仕事も家族や周りのこともちゃんとした上で。

心が解放されるような優しい気持ちを、素晴らしい景色を分けてくれて、ありがとう。

ちょっと疑似体験させて貰った久高島や、雲の上からの景色を少しだけ、、

FullSizeR.jpg  IMG_5335.jpg

   IMG_5337.jpg

2017.04.02 / Top↑