日々思ったコトをつらつらと。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
IMG_5131.jpg

私の「絶対、大丈夫」(略してZDJB)ツアー初参戦は初日二日目の川口リリアホールでした。
15周年ということもあり、「大傑作撰」に注目がいくと思うんですが、私としてはまず、とにかくアルバム「嗚呼」の存在。
このアルバムが本当に大好きで大好きで、大好き過ぎて自分が気持ち悪い。←おい
そして復帰後の直太朗さんが良い感じだなあと思っていたこと、あとやっぱり小休止したのもあって、できるだけこの人の歌を聴きに行きたい。そんな風に思っていたので、、、この14年間かつてないほどチケット申し込みました。笑

新体制になってどんな演出なのか、若干のドキドキもあったけど、ワクワクがいっぱいでいっぱいで、待ち焦がれていたのですが、結果、チケット沢山申し込んでおいて良かった・・・!!そんな常に期待の一回りもふたまわりも上をいくチーム森山。

そして、なんか書くのが久しぶりなのと上手く書けないのと、盛りだくさんで、眠気が・・

自分用の備忘録として、少しずつ書き足して行こうと思います~
2017.04.30 / Top↑
コースを変更するとできない2クラス連続受講。
いまのうちに・・・でもへとへとになっちゃうかしら。・・・と、ちょっとドキドキしながら受けたホットヨガ。
汗の量がハンパなかったけど、結構大丈夫でした。ホッ。

達成感と浄化作用なのか気持ちも体もやけにスッキリ。
でも明朝の体ばきばき感がコワい。
とはいえ、老体ゆえ、それは明後日かも知れない。 ←明後日より後だったら恐怖


明日から新年度。
学生の時は苦手だった春も、私の中で少しずつ、ちゃーんと変わってきているのだ。
今年もどうぞよろしくね。
2017.04.02 / Top↑
IMG_5331.jpg

大宮エリーさんの写真集発刊記念&スライドショーに参加してきました。

私、エリーさんの絵がすごく好きなんですが、写真集も想像通り、というより、、想像以上、でした。
なんでしょうね、あの素晴らしい景色に加え、そこで起きた数々のスピリチュアルな出来事。
そしてそれを面白可笑しく話すもんだから会場爆笑。実際、話自体がもうコントとスピリチュアルの融合みたいな。笑

でも自分はスピリチュアルな人ではない、ただ周りにそういう人や出来事が集まってくる、と話していたエリーさん。
うーん、、今回思ったんですけどね、多分エリーさんは人間代表なんだと思う(笑)
エリーさんは 「あなたの見たものを周りの人にも分けてあげる段階にきてる」と言われたことが一つのきっかけにもなったようだけど、本当に”見えないものを伝えていく”という役目を与えられた人なんじゃないかと。そうとしか思えない話が今回も聞けたし、なんかそう思うのが一番しっくりきて自然な気がした。

ところでね、エリーさんのトークってめちゃくちゃ面白いんですけど(毎回声出して笑っちゃうw)、ふと、今自分すんごい満面の笑みしてるなって思った時のこと。「あ、この感じ、直太朗さんのライブの時みたい・・!」って気づきました。つまり、その人の作品が大好きでその人の空間も心から楽しんでるって状態。
実際、彼女の作りだしたものを観たり聞いたりしたあとって不思議と元気が出るんです。
貰いものじゃなくて自分の内側から自分のチカラで元気になろうとするようなパワー。
大きなスクリーンいっぱいの景色と音楽と朗読のおかげでとても優しい気持ちになったし、爆笑トークでは思いっきり笑って楽しい一方、エリーさんの本音も励みになったり。帰りはやけにすっきりした心地よい気持ちでした。自分で自分を縛る必要はないんだ。もっともっと旅しようって思った。時間と環境が許す限り。もちろん、仕事も家族や周りのこともちゃんとした上で。

心が解放されるような優しい気持ちを、素晴らしい景色を分けてくれて、ありがとう。

ちょっと疑似体験させて貰った久高島や、雲の上からの景色を少しだけ、、

FullSizeR.jpg  IMG_5335.jpg

   IMG_5337.jpg

2017.04.02 / Top↑
久しぶりに緊張が絡む新鮮な1週間でした。

月曜日、担当して1年くらいになる新しい取引先がまた来日。
ああ、今後定期的に来る会社なんだなあと、、凹む。笑
日本人の取引先とミーティングで話すのにも苦労してるのに、、、英語で会話することへの苦手意識が生まれてることに気づいてしまったんですね。仕事の為に英語の勉強をするという事がありなんだって、今更ながら素直に思えるきっかけにはなったけど、必要に迫られるまで実感できなかった自分のダメさ加減とうちの会社の成長具合。そしていつの間にか日本によく来る取引先を多く担当するようになって、努力が必要って言われてる感じ。

昔、特別好きじゃないのに英語を勉強せざる得ない部署に配属された知人に、羨ましいと言った自分が懐かしい。。。でももちろん、出張もそうだけど直接会ってコミュニケするのは本当に関係性を変えるし、それを身をもって感じたこの1年でもあるんですよね。でも新幹線になんとかぎりぎりに彼らを乗せられた時、JRのお姉さんの流暢な英語にも助けられて刺激を受けたり新幹線改札の駅員さん達の柔軟な御対応もあったりで、ちょっとこう、ミラクルな賜りものな感じがして、なんか・・頑張ろう!って思った。って話。
2017.02.26 / Top↑
やっと、観てきましたこの映画。

観てるうちに、私、今すごい映画を観てるんだなって思いました。

確かに戦争のことが描かれているけれど、戦争映画という枠には収まりきらない。
とはいえ、これほどリアルに戦争を感じさせられるものなのかという思いもとても強い。
結局、私達はきっとこの映画を通して自分たちの世界を、人生や在り方を見てるんだと思う。
そして女性と言う立場の人であれば、更に感じるものは多いはず。
きっと後々、世界が、日本が何百年も続いていくことができたとしたら、
完全に戦争を知らない世代になったとしても、よき古き日本の風景を知らなかったとしても、
きっとその頃にはしっかりと根を下ろし、同じようにその時代の人達の世界を映し出す映画になっているのではないかなあと。

観ている間にふと頭に浮かぶ懐かしい人達と、自分と、この先の未来。
世代を越えて受け継がれていく映画に立ち会えた、あの時の気持ちを出来る限り覚えていたい。
2017.02.25 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。