日々思ったコトをつらつらと。

IMG_5131.jpg

私の「絶対、大丈夫」(略してZDJB)ツアー初参戦は初日二日目の川口リリアホールでした。
15周年ということもあり、「大傑作撰」に注目がいくと思うんですが、私としてはまず、とにかくアルバム「嗚呼」の存在。
このアルバムが本当に大好きで大好きで、大好き過ぎて自分が気持ち悪い。←おい
そして復帰後の直太朗さんが良い感じだなあと思っていたこと、あとやっぱり小休止したのもあって、できるだけこの人の歌を聴きに行きたい。そんな風に思っていたので、、、この14年間かつてないほどチケット申し込みました。笑

新体制になってどんな演出なのか、若干のドキドキもあったけど、ワクワクがいっぱいでいっぱいで、待ち焦がれていたのですが、結果、チケット沢山申し込んでおいて良かった・・・!!そんな常に期待の一回りもふたまわりも上をいくチーム森山。

そして、なんか書くのが久しぶりなのと上手く書けないのと、盛りだくさんで、眠気が・・

自分用の備忘録として、少しずつ書き足して行こうと思います~
2017.04.30 / Top↑
今日は新年明けて初のライブでした。
某アーティストさんが昔からよく名前を出していて気になってた市川セカイさん、対バンで数回聴いていいなぁと思っていた岩船ひろきさん、そしてリオンくんのスリーマンライブ。

高田リオンセットリスト
1.鷹の爪とブラックペッパー
2.何かしらが君を変えていく
3.俺がお前の父ちゃん
4.財産
バトンタッチ:ニライカナイ、歴史を刻め

ハプニングはあったけど、リオンくんがあんな風に楽しそうに歌ってる姿が久しぶりでうれしかった。ラストの歴史を刻めでは、ほぼ女性で埋まったお客さんを前に最初は歌詞を変えたりして気を遣ってたものの、途中から「みんな来いよぉー‼︎」って目力ぶっ飛ばし始め、最終的には女性陣に「おいっ!おいっ!」って連呼させてた。
・・・さすがです(笑)

前の演者さんが歌った曲を聴いて次の演者さんが歌う曲を決めるというラストのバトンタッチの流れも良かったです。どんな曲を歌うのか、聴く方も興味津津だし、とにかく三者三様。でも何かが共通していて心地よい。肩を震わせるほど感動して泣いている人がいたり心ダイレクトに伝わる生音ライブ。最後は見事な流れで後ろから見ててもわかる笑顔いっぱいの空間。おかげで楽しくてハッピーですっかり笑顔になってしまいました。
まだまだ寒いけど、暖かい日差しに包まれ春を感じるような古民家の雰囲気に面白いトークとそれぞれの思い思いの歌。新年初ライブがこーんなに温かく楽しいライブで私はラッキーでした。

さてさて、リオンくんは2月4日ヤマハホールでお帰りなさいのファイナルライブとなります。
良き日になるのは間違いないと思うので、後はとにかく体調万全で迎えられるようゆっくり休んでもらいたいですね。
そして当日、きっとまた笑顔でいっぱいの会場にしてくれることでしょう^^
2017.01.22 / Top↑
201612190004272c8.jpeg

スペシャルライブを観に行くのに、だいたい早くて1時間前に着けばなんとか見える、、と思っていたんだけど、今日はCDを買ってない人も優先エリアに座れるらしいとわかりまして。段々で見易くなってる階段で見たくて初めて2時間半も待ちました。でも、ちょっとたのしかったです^ ^

明るいうちは本を読んで、陽の沈んでいく景色を見ながら、気づくと大傑作撰が流れてて、ちょっと近くの方と会話したり、なんだかんだであっという間。寒い中こんなに大勢の人が1人のアーティストの登場を首を長くしてまっているんだなぁって、そして大勢のスタッフが作り上げていて、、歌でこんなにも魅了するってどんな感覚なんだろうとか、なんか色んな事を思いながら。

ライブが始まればいつもの歌声が素敵な景色に溶け込むように響き渡る。
12月をあの雰囲気の中で聴けるのがとても嬉しかった。

そしてさくら。
今まで何度も何度も何度も聴かせてもらってるというのに、
なんでこんなにも心打たれてしまうんだろう。
なのに、、、歌い終わるとなんであんなにおどけてかわいいんだろう(笑)

今日は"トゥイッター"の発音がやけにハッキリしててツボに入ってしまいました。
「ね、ね!」と言いながら観客とコミュニケーションする中、目があったと思いきや更に手をかざして見てくる直さんとバッチリ目が合いひょー!となる。あうう・・かなりテンション上がった(笑) とまあ、色々とスローモーションで焼き付いてます。 

ライブの後のCDの嗚呼に合わせた冬の花火も素敵で(多少バンバンしまくってたけど😅)
帰り道、ちょっと余韻がすごくてですね、泣きだしてしまいたい気持ちになりました。
スペシャルライブのスペシャル版みたいな感じで、うん、、よい夜だったなあ。

ああ、もう本当にツアーが楽しみです。
週末を楽しみに、明日も仕事頑張りまーす💪
2016.12.19 / Top↑
楽しければ楽しいほどいかに笑ってさよならできるかっていつも考える。

このコメントを見た時、一人枠の外にいるような切ない考え方をする人だなぁって思ったものだったけど、多分それとはちょっと違うんだと思う。今日はほんの少し、その意味することがわかった気がする。

心地良い風が吹いた、とある1日。
2016.12.11 / Top↑
今朝は穏やかでどこか幸せな気分で目覚めました。
そうそう、昨日は良子さんのコンサートにいったんだって、まだ残ってる余韻をふんわり。

良子さんのコンサートは数年ぶり。
50周年だしそろそろ聴きに行きたいなあと思ってたところに
直太朗さんがゲスト出演となり、出張前だけどここなら行ける!というナイスタイミングでした。

お客さんが9曲リクエストするというものだったんだけど、結構余裕で決められました。
ここ数年の曲は知らなかったんだけど結構、きいてたんだわ私。笑 

オールリクエストで展開するコンサートなんだけど、更にほほう!というものが加わってるのでその日によってセトリが違うんですね。
で、この日は「あなたが好きで」が聴けなかったのが残念ではあったものの、
初めて聴く「家族写真」と言う曲がとても素敵で、、聴けて良かったなぁ。
、、、ここらへんからちょこちょこ泣きはじめてたかも。

良子さんは凛とした強さが宿る柔らかく包み込むような歌声。
でも曲によって歌声の伝わり方が全然違う。圧倒されて続けて終わって「ほわあ」ってなる歌声や、
スーッと心に沁みて溶けていくような歌声。
人の声ってこんなに生きているんだなあと想いました。
楽しいトークと会場とのやりとりも楽しくて、親子そろってエンたーテナーで素敵だなぁと思いました。

直太朗さんとのコラボ1曲目は予想してた曲で、それがまた、、仮想脳内出血しそうな。←いや、マジで。
とにかくそれくらいな感動で涙涙でした。
一方トークでは良い親子関係が垣間見える微笑ましく笑っちゃう感じ。笑
息子目線でいくといくつになっても恥ずかしいよね。
そして良子さんに重ねるのは私の場合は母と自分。
人にはもちろん見えないことがほとんどだけど、今、こうして息子と一緒に祝えるというのは、本当に本当に嬉しくて喜ばしいんだろうなあって、色んな思いを重ねながら聴いてました。

あとね、良子さんのコンサートなので当然女性の歌声をずーっと聴いてきてる訳なんですが、
そこで直太朗さんの声が入った時のあの感じ・・・!

う、う、上手い・・!すごい!  ←これでも一応直さん長年のファン

もう発声が気持ち良くてたまらーん!みたいな。で、ハモりに入るともう、なんていうんだろう。なんか、そう、空とか虹とか光とか、そういう景色に繋がるみたいで、神々しいというんですかね。

そして最後のコラボ曲ではあまりに素晴らし過ぎて、またもや仮想脳内出血。 ←いや、マジで。(その2)
もう興奮と感動と高揚感爆発寸前の口開きっぱなし(笑)
なんなんですかね、あのスキャット。(と呼ぶのを初めて知った)
多分親子であのクオリティーで踊りまで出来ちゃう人達、MCも含め森山家だけなのではないか。。。
なんて格好よくてお茶目で、上限を感じさせてない人達なんだろうって。ずっと聴いてたい終わらないでーってなりました。

そしてその背後に映し出された過去からの親子の写真と、その下で実際に笑顔で歌い合う二人。
もう本当に、感極まって泣けちゃいますよね。良子さん、直太朗さんのルーツに触れた気分。
生でこの空間で聴けて、すごく幸せでした。

直太朗さんがステージから去った後は、最後は会場の方とみなでこの広い野原いっぱいを一緒に歌うというもの。
もうね、泣いちゃって私はうまく歌えなかったけど、とにかく心が否応なしに動かされた日。急遽ねじ込んだけど、本当に行ってよかったです。はあ~幸せでした~。素晴らしい時間を、ありがとうございました。
2016.10.23 / Top↑