日々思ったコトをつらつらと。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
久しぶりに緊張が絡む新鮮な1週間でした。

月曜日、担当して1年くらいになる新しい取引先がまた来日。
ああ、今後定期的に来る会社なんだなあと、、凹む。笑
日本人の取引先とミーティングで話すのにも苦労してるのに、、、英語で会話することへの苦手意識が生まれてることに気づいてしまったんですね。仕事の為に英語の勉強をするという事がありなんだって、今更ながら素直に思えるきっかけにはなったけど、必要に迫られるまで実感できなかった自分のダメさ加減とうちの会社の成長具合。そしていつの間にか日本によく来る取引先を多く担当するようになって、努力が必要って言われてる感じ。

昔、特別好きじゃないのに英語を勉強せざる得ない部署に配属された知人に、羨ましいと言った自分が懐かしい。。。でももちろん、出張もそうだけど直接会ってコミュニケするのは本当に関係性を変えるし、それを身をもって感じたこの1年でもあるんですよね。でも新幹線になんとかぎりぎりに彼らを乗せられた時、JRのお姉さんの流暢な英語にも助けられて刺激を受けたり新幹線改札の駅員さん達の柔軟な御対応もあったりで、ちょっとこう、ミラクルな賜りものな感じがして、なんか・・頑張ろう!って思った。って話。
... 続きを読む
スポンサーサイト
2017.02.26 / Top↑
やっと、観てきましたこの映画。

観てるうちに、私、今すごい映画を観てるんだなって思いました。

確かに戦争のことが描かれているけれど、戦争映画という枠には収まりきらない。
とはいえ、これほどリアルに戦争を感じさせられるものなのかという思いもとても強い。
結局、私達はきっとこの映画を通して自分たちの世界を、人生や在り方を見てるんだと思う。
そして女性と言う立場の人であれば、更に感じるものは多いはず。
きっと後々、世界が、日本が何百年も続いていくことができたとしたら、
完全に戦争を知らない世代になったとしても、よき古き日本の風景を知らなかったとしても、
きっとその頃にはしっかりと根を下ろし、同じようにその時代の人達の世界を映し出す映画になっているのではないかなあと。

観ている間にふと頭に浮かぶ懐かしい人達と、自分と、この先の未来。
世代を越えて受け継がれていく映画に立ち会えた、あの時の気持ちを出来る限り覚えていたい。
2017.02.25 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。