日々思ったコトをつらつらと。

大宮エリーーさんの画集、買っちゃいました。
観てるだけなのに何でこんなにパワーを貰うんだろう。

emotional journeyを観に言った時、壁にあった言葉。
私に言わせたら、その言葉自体だって光のようでした。

20150721005154b9e.jpg


IMG_3007.jpg  IMG_2997.jpg 
IMG_3001.jpg  IMG_3002.jpg  IMG_3003.jpg



そしてこれ。前にも載せた絵なのですが、「希望の海」というのだそうです。
心が一瞬でパアッと明るくなるような、思わず立ち止まってしまうような。
これは撮影OKだった展示会のものなのですが、画集で観ても同じような感覚で。
エリーさんの画集自体がずっと見ていたくなるパワースポットのようです。

20150425223931dce.jpg



さてさて、どうやらこの1カ月で私は色んな人や出来事にパワーを貰えたみたい。
色々なことに改めて感謝です。
関わってくださった皆さん、ありがとうございました☆
スポンサーサイト
2015.07.21 / Top↑
20150802004740caf.jpg

FCイベントで、なおたろうさんが隣に座ってくれましたー。

って、そもそもこの“打ち上げ”が何かというと、、
アーティストの皆さんはきっと、ツアーが終わったらスタッフ、関係者の方達で打ち上げされてますよね?(知らんけど、おそらく)
それを、”ファンの皆さんにも疑似体験して頂きたく、、”と事務所さんが考えられたものだったのです。

うーん、さすがチーム森山!周りも面白いを追求する方達が集まってるんですねえ。
千秋楽の直太朗さんのMCでも見えたものがあったので、このツアーでこの企画というのがとても嬉しくて^^

でもね、友達は外れてしまったし、どうやらかなりの近さで話せるっぽいとわかったがゆえに、
実は、"あまりの緊張に吐きそう"と書いてる人に激しく共感な状態でした( ̄▽  ̄)
もちろん、行ってしまったら楽しくて、夢のようだったんですけども。

結局、あれだけの緊張具合だったのに、周りの方と話したりツアー映像をみてるうちに、
ホロ酔いもあって結構リラックスできてまして。
そしたら隣の方がテーブルを回ってるの直太朗さんをずっと見ていたようで、
「真ん中に座ってるみたいだから、多分私達の間か、真向かいに座ってくれるかもですよ!」と教えてくれる。
(ちなみに椅子が入らない所は片側の人と直太朗さんがはんけつ状態でした・すごいよねー笑)
おかげで、早速グータッチしたり、なんだかんだ話ができたりして、、普通に飲み会っぽかった(笑)
いい香りもしたけど、印象的だったのが、体熱いんだなーってこと。私はくっついてた訳じゃないんですが、隣にいるだけで熱が伝わってくるという。リオンくんもそんな感じだったよなー。あと会社の同僚で"いい気"を持ってる(と勝手に私が思ってる)人は近くにいくとやっぱり高めなんですよね。妙に納得したのでした。

テーブルの一人一人と握手してくれたのですが、しっかり目を見てちゃんとしてくれました。
あんなに長く握手できたのも初めてだったなあ。
汗もかかず(←ここ大事)、どなたかの呼びかけがあったおかげでネタ的に
長~くぶんぶん握手してもらったり。
あとは小木さん関連の話題でたまに見る、笑った時の脱力的笑顔。
それを真横からマジマジ見れたのも嬉しかった(笑)

楽しいことがあってもどのみちすぐ消えちゃうんだ、って変に落ちてる気分がずっと続いてた時だったので
この日のこともそんな風に思っていたんですが、、
でもそこに、あの微動だに出来なかった圧巻のパフォーマンスをした人がすぐ隣に座っているというこの状況。
こういうことがあると、そんなことないよ、がんばれよって言われてる気が、しちゃうんです。(すぐ、こういう風にとるw)
でも実際、ちゃんと残るんだなぁって思いました。私の中でちょっとしたきっかけになったような気がします。

A~Q+αまでのテーブルをひとつひとつ「マッチでえ~す!」と元気に周り、皆を必ず笑かし、
触ってもokだよ!的な動作の数々。×4日間をこなした直太朗さん。

持ち前のサービス精神と全力で楽しむ姿がね、近い距離だけに余計に伝わってきて、すごいなあって。
お仕事とは言え、アーティストのみなさん全員ができるわけじゃないですよね。
真面目に楽曲について話したテーブルもあったようで、それについてみなに改めて率直に話してくれたり。
あとファンの方でもなんとかして直太朗さんを触ろうとしてる人の奮闘に周り(私も思わず叫んだw)が大爆笑してたり、「あいつ、ツアー来てないのに打ち上げだけ来てんだ!」と言われてた男の人、あと同じテーブルだった入会したばかりなのに貫禄あると言われてたナイス挙動不審の彼女や。

隣のテーブルに移った時には、私から見て千秋楽のツアー映像の中で歌ってる直太朗さんの顔のすぐ真下に
実物の直太朗さんがテーブルの皆さんと話しているこの不思議さ&面白さ。
隣の方となんか貴重ですよね、すごいですよねーって感動してました。笑

最後は「風になって」をみんなで一緒に歌って、ほんと、楽しかった☆
そして、「あのシャンデリア、落ちちゃえばいいのに!」って暴言を残して帰っていかれました(笑)


生きるを楽しむ。


直太朗さん、御徒町さん、スタッフの皆さん、ありがとうございました!!
2015.07.21 / Top↑
時系列が完全に逆ですが、、大好きだった「西へ」ツアー。
もうほとんど一カ月前ですよ~。

去年の”自由の限界”がみんなを引っ張っていってくれるようなアルバムとツアーだったとしたら、
”西へ”はみんなで輪になって、今を楽しみながら共に前に進むような、そんな感じ。
だからか、終わりが近付くにつれとても名残惜しい気持ちでした。

今回はなんと言っても、毎回毎回その圧倒的な歌声と体現された世界観に心が震えた”生きとし”だと思います。
これまでもバンド編成でのこの曲は圧倒的で素晴らしかったんだけど、
このツアーでは息を止めてしまうような壮大さがバーッと広がってきて、違う世界にいるみたいな感覚。
おおげさじゃなくて本当に一瞬タイムスリップしてしまったような。
哀しいとか切ないとか、そういう感情の前に、ただただ涙が出る。
終わったあとの止まない拍手が全てを物語ってました。

色々と苦しかった時期に聴いた初日の一曲目、前奏で五線譜だとわかった瞬間からもう涙涙。
こんなにも伝えたいのに、では演出に笑い、大好きな陽は西から昇るの前奏でまたも嬉し泣きしたり。
後半からは去年以上にキレッキレの踊りと笑顔にぶれない歌声。
おかげで会場は爆笑の渦ですよw 歌が、歌が入ってこない!みたいな 笑
でももちろん、ちゃんと聴かせてくれるところは瞬時に空気を変えて聴かせてくれる。
感動と爆笑で心かき乱されて、いろんな感情を確認させてくれました。

”自分の居る場所が時々わかなくなることがあるけれど、変わらないものを目印に活動をしていきたい”
この日も、そう話した後に黄金の心を歌ってくれた直太朗さん。
同じMだけどただのMCじゃないのは当然解る。
沢山の心を照らすような人にもやっぱりそんな気持ちがあって、
それでもこうして歌い続けてくれているということが、ただただ嬉しい。

映像化してほしいようで、でもされない方がこのツアーらしいのかもしれませんね。
最初に観た時にあのステージはまさに生ものなんだって改めて実感していたのに、
すぐ欲がでちゃうんですw

ずっと心に残るような沢山笑って沢山泣いた、大好きなツアーでした。
直太朗さん、御徒町さん、ありがとうございました。

色々と蘇る素敵なレポ&画像はこちら↓
エキサイトミュージックレポート


「西へ」ツアー

五線譜を飛行機にして
風のララバイ
昔話
こんなにも伝えたいのに
陽は西から昇る
コンビニの趙さん
若者たち
どのみち
運命の人
生きとし生ける物へ
愛し君へ
~スクリーン~
放っておいてくれないか(太鼓にのって参上)
あの街が見える丘で
星屑のセレナーデ
愛のテーゼ
さくら
小さな恋の夕間暮れ
どこもかしこも駐車場
黄金の心
EN1 生きてることが辛いなら
EN2 明けない夜はないってことを明けない夜に考えていた
EN3 太陽

20150721220450a85.jpg 20150721220526227.jpg


2015.07.20 / Top↑
20150720172834aa8.jpg


金曜日は高田リオンさんの自宅療養vol.2 @尾山台でした。
普段行かないお洒落ゾーンに足を踏み入れてるこの頃です。。

先月末、約半年ぶりのライブがあった時は15~20人くらいでいっぱいになるようなアットホームな空間でですね。
ただただ嬉しそうに、緊張しながらも本当に楽しそうに歌うリオンくんと、それを待ち続けた人達の
泣けてくるような嬉しさとが溢れていて、どこかふわふわしてました。

それもあってか私にとっては今回が本当の意味でスタートに感じられたというか、、
私にとっての”日常”が戻ってきたんだなあって思ったんですね。

今回披露してくれた新曲「ハマった」がね、今までにないような歌い方(メロディ?)と歌詞の組み合わせで。
”新たな引き出しキター!!(゜▽ ゜)!!”という嬉しさとワクワクで、、顔がニヤニヤしてしまったり。笑
前回披露してくれた「ボロボロの翼」も「ゆえに」もそうなんだけど、初めて聴くのに既に前奏から好きだなぁって思えるような曲たちだったり。

リオンくんにとっても色々思うライブだったようで、最後のMCとニライカナイでそれがしっかり伝わってきました。
これからも応援させて貰ってもいいんだってわかって、すごく嬉しかった。

同時に、私もこの半年で一つのものから抜けられたのかもなあってことを思いました。自分の中にあるモヤモヤ。
年齢と共に少しずつ変わってくる悩み。でも色んな出会いがあって今に繋がっているんだよなぁ。
どれかひとつでも欠けてしまってたら今はないんだよなぁって。



2015.7.17 Live Cafe Hayase セットリスト

ボロボロの翼
人間なのだから
ひとつのサイクル
何かしらが君を変えていく
財産
鷹の爪とブラックペッパー
責任をとる
僕の出番
365日
ハマった
歴史を刻め
夢を語れ
ゆえに
EN ニライカナイ



そう言えば、聴けてなかったベスト版CD、やっと聴くことができました。

ニライカナイに宿る不思議な魅力はリオンくんそのもののよう。


ウェルカムバック、リオンくん。
2015.07.20 / Top↑
20150713233926c09.jpg
エリーさんの話を聞いてるとなんかエネルギーを貰うんですよね。物事がなぜ、今ここでこうして起きているのか、という考え方はもちろん、色んなものが大きく突き抜けているような。だからなのか自然な流れと、笑いでもって、その方向に導いてくれるような。

いやーエリーさん、好きです!(告白)
思い立って行って良かった!

自分の "ふと思ったこと"に耳ちゃんと傾けようと思った矢先に、、幸先良いですな。

そうそう、今日初めて会場となった代官山の蔦屋書店に行ってきたんですが、、なんですかあそこ!すごく素敵で外国みたいな雰囲気でした。
カナダにあったスタバが併設されていたChapterという本屋さんみたいで。急に懐かしい感覚になりました^^

それにしても書けてないことがいっぱい。けどとりあえず、、今日は寝まする。
2015.07.13 / Top↑