日々思ったコトをつらつらと。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
直太朗さんが唄うともともと直太朗さんの歌だったかのように聴こえるからすごいよね。
すごい。


青春の影は初めてlive monster の観覧で聴いたのですが、すごく切なげに歌っていて、無防備だっただけによけい打たれてしまった曲。あれがいわゆるファルセテーゼという歌い方だったんですね。。

直太朗さんの声も曲にあっていて本当素敵ですよね。


ただ…個人的にはlive monsterのアレンジとステージの雰囲気が好きであります。
初めて聴いたのもあるからかしら(笑)

この番組、直太朗さんで知ったのですがとても興味深くて終わるのがもったいない。。また第二部みたいに再開してくれたらいいなぁ。。
スポンサーサイト
2013.12.20 / Top↑
アルバム聴いています。


『たぶん今頃』の言葉一つ一つの吸引力と言ったら。

あの無意識に引き寄せられるようなリズムと朗読が心地良くてかっこいい。

そこから『自由の限界』への流れ、不可抗力で胸をグッと掴まれて…

もう私、飛び立ちます、みたいな(笑)

この二曲の前後にある『そのままの殿でいて』と『小鳥』。

殿、は直太朗さんのあの声だからこそ、直太朗さんだからこそなんだろうな。なんだか可愛らしさも感じられて微笑んでしまう。

そして最後の小鳥。
とてもとても優しい。
この曲が最後に置かれていて良かった。

大好き。
2013.12.15 / Top↑
ライブで初めて聴いた時に好きだなあと思った「小鳥」。

昨日改めてライブで聴いた時に、この曲もやっぱり素敵で一発で好きになったんだっけって思い出しました。 なんでこんなに切なさと優しさがじわじわくるんだろうって考えていたんだけど、きっとちゃんと未来を向いてるから、なんだろうなと。そういう状態になった時の優しさって、多分とても深くてどこか尊く眩しいものですよね。

それにしてもこのアルバム、やっぱり好きだなあ。

タイプは違うけど、もしかしたら初めてこの人のアルバムを聴いた時のような、この歌声と音楽を知った時の嬉しさと好奇心が湧いてくるような。だからか少し懐かしさも感じられるような感じもします^ ^

そして今の自分にスッと入ってくる言葉の数々。
本当に、なんていいタイミングでいつも聴けるんだろう。

またすぐ凹んでたんだけど、このアルバム聴きながら友達数人とのやりとりでも元気もらって、
またがんばるかなあ・・!って思ったのでした。

サンキュー救世主。
2013.12.15 / Top↑
急遽決まったCDお渡し会、全く想像もしてなかったので驚いたけど
もともと会場で買うつもりだったのでラッキーというか、そうせざる得ないのがよかったというか(笑)

というのも私は手に汗かいちゃうので、初めてのファンクラブライブの時みたいに急遽帰りに握手、と突然決まった方がありがたかったりしますw

あの時はそういうことができるアーティストさんだとは思ってなかったし、あちらもきっと久しぶり?で新鮮だったと思うんですが、近くでご対面してみて、笑った時の目がすごくキラキラしてる人だなあって思ったのを覚えてます。
そして静かに興奮していたら後ろから話しかけてくれた方と繋がってそこからさらにご縁が。本当、それにも感謝なんですよね。

この日なんてあれだけ動きまわった全身全霊のライブのすぐ後。
顔に疲れは出ていたけど、でも笑顔で一枚一枚手渡してくれました。
フリーライブでの目配せ会とかよりももっと自然で気さくな感じというか。なんかすごく嬉しかったなあ。

なんていうんだろう、インディーズのライブでもそうなんですが、
同じ言葉を言っていても、人の良さがにじみ出てる方はやっぱりわかるもので。

ライブ後にCDを買って、自然にお互いありがとうという言葉が出てきて、更に聴いてくださいね~っと言ってくれる。
このライブの後ならではだった気がします。はあ。。本当に、素敵な人ですな!

この日は直太朗さんファンが周りにいなかった頃から一緒に行ってくれてた友達と数年ぶりに一緒に楽しめたり、
遠方の友達が友達と一緒にきていて色々話せたり。

ある友達が、【音楽って素敵。人を繋ぐから】と以前つぶやいていて、
ああ、本当にそうだなあと改めて思えた日でした。^^

来年も楽しみだー!!この際だから終わらないでー(笑)
2013.12.15 / Top↑
ちょうど湧いてきた新たな気持ちもあり、
朝のジョギング、気持ち良かったです。

自由の限界を聴きながら行く河川敷、
空の広さがエネルギーになるようでした。

それにしても、こういう寒い時期になると

歩いたら冷える→走らざるを得ない

という感じでなかなかいいですね(笑)

20140724222903830.jpg
2013.12.08 / Top↑

先週で既に実践するクラスは終わっていたので、今日はリラックスな最終日でした。
が、とにかく、終えられました!

そしてバックグラウンドはそれぞれと思っていたけど、
思ってた以上にバラエティに富んでいて、まさかこの会社のこういうポジションの方達だったとは、という感じでした(笑)

でもポジティブな方、というかスーパーポジティブな方、いるもんです。
そしてそこを否定しないでいられる自分なら、多分引き上げられるんですね。

なんというか、何から何まで新鮮でありつつツライ時期もあった訳ですが、
今はとにかく続けられたことと、クラスメートや先生にただただ感謝です。

自分への期待を僅かながら蓄えて、こうやってまた進んでいけたらいいなあと思います。

2013.12.08 / Top↑
最後の方だけ聴けました、自由の限界。

ラジオだし聴けたのは最後一部分だけなのに
なんでこんなに胸がぎゅーっとするんだろう。

実はライブ中はスピーカーに近すぎて歌詞がほとんど聴きとれなかったんですが、それでもふっと聴きとれた最後のサビのフレーズ。

全身全霊でもって放たれた人生の飽くなき探求心、みたいな。

大好きっす。
2013.12.04 / Top↑
波瀾爆笑を観たんですが、海老蔵さん、
あんなふうに気さくにお話される方だってんですね〜。

周りの近しい人達からのコメントによると、
どうやらオープンで真っ直ぐで豪快で、だからこそ誤解されることもあるだろうけど、でもこの人なら、っていうパワーを持つ人ででも実は繊細に周りを感じる方、らしい。

オンとオフがハッキリしてて無駄がない、と言われていたけど、テレビで話を聞いてるだけでそういうのがわかりましたよ。
それでいて家族をすごく大切にされてて、
Tシャツに短パンをこよなく愛す(笑)
なんか素敵な人だなぁと思いました^ ^

例え芸能人であっても、こういう人がいるんだなぁって思わされる事自体にパワーを貰うんですけど、ちょうど自分が考えてた事にヒントも貰った感じで、何気なくつけたテレビで(でも最近気になってたけど) 、まさにパワーもらいました。

千利休、やっぱり観てみたいな。
2013.12.01 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。