日々思ったコトをつらつらと。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
3か月連続の高田リオンさんカフェワンマン、行ってきましたー。

鷹の爪とブラックペッパー
ひとつのサイクル
パーフェクトパーソン
ワイルドフラワー
君を幸せにする方法
365日
ほどほどスコッチ
責任をとる
ニライカナイ
夢を語れ
ハルーララ
EN:財産

1回目、2回目と、ステージも会場の雰囲気もそれぞれで、最後にこの3回目。
現時点で目指すライブってああいう感じなのかなって思いました。

私はどの回も唄っている人の人となりが出ていて楽しませて貰っていたし、
どれも今のリオンくんだと思っているので、それぞれに聴くことができて本当に良かったけど、
今回は上昇気流に乗ってひっぱっていってくれるような感じがしたんですよね。
でもちゃんと等身大なMCもあったりして、色んなところから真っすぐさが伝わるライブだった気がする。

あのステージと抱えているものの距離がもっともっと近くなったら、
更に新しいものが見えてきそう。

なーんて、ファンは勝手に思ったのでした!

そして今回も会場の人皆でごちそうになりました、シャンパン!
(今回は私はお茶をいただきましたが♪)

こんな普通に聴いてこれたけど、
ワンマンがこんな風に連続で聴ける機会ってなかなかないんですよね。

改めて、楽しい夜をありがとう!!
これからも楽しみにしております☆






スポンサーサイト
2013.07.27 / Top↑
なんだかもう楽しすぎました、ききまたく会!

ゲストの方達の方が唄う時間が多めだったり、笑いの中に見えるものがとても温かかったり。
あとお客さんがものすごく自由でオープンで、誰かの一言にミュージシャンもお客さんも
関係なく食いついていく、あの面白さは一体何なんだろう(笑)
でもそれが内輪だけとかじゃなくて、そこにいる人みんなが心地良く楽しんでるってすごいことだと思う。

リオンくんもいいライブだったなあ。。。
あの笑いにすっぽり入ってる感じや曲の前のMCもすごく自然で。
この日はひとつのサイクルが印象的で、じんわりきてしまいました。

鷹の爪の最後にポロっと歌詞を入れ替えられたこと、実は大きな意味のあることだった気がする。
いいタイミングでいい空間に居合わせて、なんかとてもいい夜でした。
帰り一緒だったんですが、なんだろう、最後の最後までいい顔してて
あ~なんか、とにかく良かった!って思ったのでした☆

1.鷹の爪とブラックペッパー
2.365日
3.ひとつのサイクル
4.夢を語れ



2013.07.23 / Top↑
1.責任をとる
2.鷹の爪とブラックペッパー
3.ニライカナイ
4.365日

なんというかフェスメンバーがいてお酒も入っているのもわかったので、
楽屋裏のような雰囲気でちょっと不思議な空間でしたw
面白かったし楽しかったんですけど、なんか思うこともあったり。

でも生ヴィオラやすやまさんのタブラとか、音楽が鳴ってるって
あの感じが素敵で、やっぱりいい場所だなあって思いました。

ニライカナイの時のタブラが好きです。
なんというか、白浜で聴いた時に波の音がバックで聴こえてきた時のような、
気づいた時には意識がどこかに連れ去られてるような。
ハッとするあの感覚が好き。

そしてなんとなくあれこれ気にかかっていた私達。
でもこれがあっての次の新宿、ということになったとさ。


2013.07.23 / Top↑

今日も朝ちょっと早めに起きて走ってきました。
15~20分くらいなんですけど、
でもそれだけで気持ちもすっきりして、頭もクリアになる。

少し涼しめで、とても気持ち良い朝。

やはり空が青いと嬉しいもんです。
CAVZUKL4

2013.07.21 / Top↑

自分が意識していることがあると、その言葉がテレビや本や、
何気ない会話で聞こえたり目にしたりすることがある。

昨日のカレー、明日のパンという本を読み始めたばかりなんだけど、
この言葉がでてきて、心がふっと軽くなるようだった。

たぶんこういう言葉がこれからも出てきそうなこの本と
この物語にある雰囲気そのものに優しい空気があって、
いいタイミングでこの本を手に取れたなあって思いました。

相手をどうこう言うよりも、相手にわかるように伝えていなかった自分を考える。
まずはそれをちゃんと認めて受け止める。

気をつけられることをこれから気をつけていくしかないもんね。
もし伝えられる機会があったなら、本来伝えるべきだったことを伝えるといい。
(でも、ちょっと悔しい自分もいる←煩悩いっぱい)

そしたらあとは、自分を解放!

負けたくないのはきっと自分自身。

これもまた、繰り返し。


2013.07.20 / Top↑
西荻窪で藤田悠治さんを聴いてきました。

これまでも何回か生声生音で聴かせて頂く機会はあったんだけど、
ARTRIONで聴くとね、これがまたすごさがわかる!

唄い手さんによって、唄がぐんぐんこちらに広がってくる人、
ダイレクトに真っすぐ向かってくる人、それぞれ感じ方があるけど、
藤田さんの場合はすぐそこで、もともと音楽の中にいたかのように
自然に唄う人だなあって思った。

音楽の中にすっぽりと入っていてとても自然だから、見ている方も心地いのかも。
と思ったら声をこれでもかってくらい鋭く響かせる時もあったり、
静かに風景を思い起こさせるように唄っていたり。

気づいたら聴いてる自分もその中にいるような感じで、
それがまた更に心地よくて好きだったりします。

この人もまた、沢山の人に聴いてもらいたくて、
これからもずっと唄い続けて欲しい方です。
2013.07.17 / Top↑

7月5日にオープンした西荻窪アートリオンでのこけら落とし。
高田リオンさんのアンプラグドワンマンでした。

1.夢を語れ
2.365日
3.ワイルドフラワー
4.これが好きだから
5.センチメンタルバイバイ
6.ひとつのサイクル
7.その先にあるもの
8.ほどほどスコッチ

1.何かしらが君を変えていく
2.夢は死なない
3.鷹の爪とブラックペッパー
4.デミタス木の下のカバー
5.責任をとる
6.ニライカナイ
7.パーフェクトパーソン
8.大器晩成の人生
en.財産
en.歴史を刻め
(大器晩成が最後だったかも)


アートリオンという場所はライブハウスなのに窓があって、
小さな場所なのに吹き抜け感があるアットホームで開放感があるところでした。

音楽が好きな人たちが集まる場所にと、
このお店の人、演奏する人、そして聴きにくる人達皆で奏でる楽器、
アートリオンの絵が壁に鮮やかに描かれていて、これがまたとても素敵で。
初めての場所なのにとても心地良い空間だったなあ。。

お店をはじめた人の長年にに渡る想い、歌い手さんの想い、聴きに来る人の想い、
それらが見事そこに作りだした空間。
あんな風に歌うリオンくんは初めてで、全てを出し切って歌いきった姿に心から拍手でした。
更には携わる人達のそれぞれの「未来」を感じられた気がして、
楽しいのと幸せなのとほろ酔い、もうごっちゃまぜでした(笑)
あの場に参加できて本当に良かった。

私もいろんな気持ちがあった中で、自分の中にあったモヤモヤが
この日のことがきっかけでストンと一気にまっさらになりました。
自分の正直な気持ちを知って、一番嬉しかったのは実は自分自身。

全てのことにはやっぱり意味があって、悩んだりもがいたりすることで何かを得て、
また新たな壁に向かっていく。きっとその連続なんだろうと思う。
それを楽しんでいけるなら、もう最高だよね。


2013.07.08 / Top↑

アイマスクして寝るようになって睡眠の質が改善されたのか、
やっと前みたいに普通に起きれるようになりました。

試しに二度寝しないでそのまま起きてみようと5:30に起きてみたら
これが気持ち良く起きれちゃったという。。
朝の諸々をちゃんとこなすのに余裕があるし、
なぜかやたら読みたかった新聞もカフェでゆっくりしながら読めたし。

昔の同期に、どうやって朝型に切り替えたの?と聞いたら、
「いや、起きてみようって起きたらできたんだよねー」と言ってたんだけどこれなのかしら。

しかも、その新聞の「街の本屋さん」の特集記事に、
前に1年だけ働いていた本屋さんが載っていた・・・!

英語教材を販売している専門的なところだったので、
他の本屋さんより話題性はあるとは思うけど、きっといい雰囲気になったんだろうなあ。。
今じゃガラス張りでくつろげるスペースがあるそうですよ。

顔は載ってないけど、インタビューされた人は最後に異動してきた方だって思い出して、
今も頑張ってるんだなあと懐かしくなったり。


これら全部、この日早起きしてなかったらこの記事も見なかった訳で・・・
なんだか面白くて不思議で、とても新鮮。

2013.07.03 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。