日々思ったコトをつらつらと。

初めてのラフティング、最初はちょっと怖かったし、
一緒に行ったうちの2人が落ちたのを見て固まったけど(笑)、
でもなんだかとても爽やか~で最後はもうちょっとやりたいくらいだった。

未体験のものを実際にやってみた時の、
あの想像とちょっと違う部分を体験した時の発見とドキドキ。
水面に反射する光と共に何か懐かしい気持ちを思い出すなあ。

勇気を出して行ったストリートもやっぱり行って良かったし、
体力がもつなら忙しくも楽しんでいたい。

でもやるべきことはちゃんとしたいから、断ることも大切。
だから今日は今日で良かったんだなあと思う。

時間、もっと上手く使いたいぞー!

スポンサーサイト
2013.05.29 / Top↑
I haven't had a bowl of rame at yume wo katare(夢を語れ)in Japan,
but I've been to 2 places.

at sono saki ni arumono (その先にあるもの),

110430_120229_convert_20110502221635[1]110430_122504_convert_20110502221429[1]











at rekishi wo kizame ( 歴史を刻め).

111127_132218_convert_20111212235926[1]111127_140019_convert_20111213000205[1]












If you know a restaurant named yume wo katare at porter square in Boston,
how about the songs of which titles are all the same as each branch has?

Rion Takada, who composed all the songs of all the tile of yume wo katare, will be performing his music on the stage of Boston Japan spring festival hold on 19MAY, start at 14:55.

Even if you don't know any of his song, Japanese itself, but only if you know a little about yume wo katare, just go and watch his performance on that day. I believe you can feel something from his performance, and will get to know why Tsuyoshi san (the master of yume wo katere) has asked him to compose a song of his restaurant's title.  I can't say all the people feel in the same way, but I believe their dreams will get straight to someones heart and encourage someone's drearm.

Enjoy the festival !!  :)

2013.05.18 / Top↑
NZで約5年間を過ごした友達が帰ってくる。

帰る直前に一気に陥った将来の不安、
NZを離れてしまう事に対するとりとめのない想い。
帰る前のメールやブログにそんな気持ちを綴っていたんだけど
不安はあっても、さすがの彼女、未来を向いた気持ちにもっていけたみたい。

「新しい一歩を踏み出します」という言葉とともに載せていた画像がとても素敵だった。
人は映ってなくて、どこかの公園から海を臨めるように置かれた長椅子の写真。
とてもよく晴れた日のようで、レンズ越しにちょっと光が反射してる。

それはきっと私も知っている気持で心の奥にしまってある大切な感情。

とても深い、一生忘れたくない想いがあった、ということは覚えていても、
その感情そのものはどうしても薄れてしまう。

忘れてしまうってことに本当の意味で初めて知った時は悲しくて泣けてきたけど、
でも、こうしてふと蘇ってきたりするんだね。
いつかまた、こんな風にかたちを変えてきてくれるんだと信じたい。
2013.05.18 / Top↑
ぬくもりのある温かい雰囲気のバーで楽しい時間を過ごしてきました。

篠木晋也さんと高田リオンさん。

それぞれタイプが違うんだけど、プライベートでも仲が良いというお二人。
あの雰囲気はきっとそんな二人だからこそ。

今月リリースされるボストンでレコーディングした曲を唄うとのことだったので、
グイグイいくステージを想像してそのつもりでいたけど、意外に聴きやすいこと。
ご本人も言っていたけど風が吹くようなフォークソングがあったり、曲調も様々だからかな、
すごく楽しく心地よく聴かせてもらいました☆

終わった後は最近よく出てくるブラック及びイグアナが登場してました(笑)
そしてそのままギターを片づけそうなのに怪しい目線を送ってくるので、
もしや??と思ってたら・・・なんともう1曲!わほー

久しぶりに聴くあの曲、前奏から沁みてしまったなあ。。
でも同時に、なんだかその温かい幸福感に微笑んでしまう。

人間だから、不安がない訳はないと思う。
でも、とても幸せなんだろうと思う。
と同時に、ずっと幸せであってほしいと思う。

パスタも美味しかったし、仲良しな少年達が本当に活き活きしてる感じで、とても楽しかった。

心地よくて帰りたくなくなる夜、でした☆

130511_221552


2013.05.13 / Top↑
CAJJHMDL前日に電車で広告を目にして早速行ってきました。

タピスリーという言葉さえ知らなかったけど、6枚の絵を一度に見られる空間に居たら、不思議とずっと眺めてても飽きませんでした。むしろもっと居たかったくらい(笑) 魅せられる、というのはああいう事を言うのかな。

触覚、味覚、嗅覚、聴覚、視覚、そして最後の「我が唯一の望み」、それぞれの場面がそれぞれによくて、特にここが好きだ、とか色々感じていたんだけど、もううまく書けない(笑) ただただ、あの神秘的ででも不思議な心地よさのある空間を覚えていたいと思ったんですよね。

ちょっと聖なるものに触れたような幻想的なものをみたような感覚。
またこうしていつの日かこの目で見ることができるといいなあと、
そんなことを思った初めての経験でした。
2013.05.12 / Top↑
昨日は一角獣展とリオンくんのツーマンに行ったんだけど、澄んだ気持ちで音を楽しむことができて、なんだかとても嬉しかった。

こんな日もいいなあ。と思う。

朝起きたら天気予報が変わっていたようで
昨日とは打って変わって晴れ。

雨が上がった後の空は雲がちょっとおもしろい。
遠くでモクモクしてたw
空の色のいつもより青い感じ。
気持ち良い朝でした。


帰り道にちょっと短めの並木道を見つけた。
こういうのもなかなか素敵。

130512_083901130512_085424



2013.05.12 / Top↑
ゴーヤーの日のイベントに行ってきました。

ゴーヤーチャンプルーやもずくチャンプルーがカップケーキに詰め込まれていたり、
苦味が程よいゴーヤースライス、ゴーヤーグラタン、もずくそば色々バージョンなどなど。
オリオンビールのオールフリーも初めて見ました!
なんだかとてもかわいい♪
あんなに瑞泉に種類があるのも初めて知ったなあ。。
ちゃんとどれが飲みやすいかなども教えてくれました。

顔見知りから、もっと話せるようになっていく人との交流、
沖縄繋がりではなんだか久しぶりで。
ほろ酔いのとてもいい夜、でした☆

CAMFMBLACA5M983L
2013.05.11 / Top↑
直太朗さんの青春の影、素敵でした~。
生で聴いた時は気づいたら涙・・・でした。

観覧の時は表情ははっきり見えなかったので、
改めてテレビで見て、あんな表情していたんだなあと。

今日、おかちまちさんのブログを見てね、
もしかして最近この曲を唄っていたのはこれに関係するのかなって思いました。

原曲が好きだとしても、なんというか、後付けじゃなくて、
それだけじゃないような想いが込められてる気がしたんですよね。
どこかとても切なくて、寂しいようででも嬉しくて。輝かしい後ろ姿を見るような。
でも、その時はそういう想いを抱く人が実はいるのかも?って思ったんですけども(笑)

青春の日々を共にして、ああいう世界でも共に歩んできた友との道。
いったいどんな計り知れないものがあるんだろう。


って!ファンの勝手な想像ですけどね!

でも直太朗さんにも早くいい人ができるといいなあって本気で思ったりします。
ちょっと寂しい気持ちがあったとしてもね、
やっぱり大好きな人達には幸せになってほしいものです。


はあ~しかし、時間は本当にどんどん過ぎていきますね。
ちゃんと地に足つけて歩いてるのかな自分。
人のことの前に、まず自分だろって話ですが。

でもまあ、それもまた、いっか(笑)
2013.05.07 / Top↑
CAEREOGY陣馬山に行って、思いのほかふくらはぎ=全体筋肉痛(つまりとても痛い)になっていたんだけど、なぜかテンション高くて昨日今日と連続して朝走りに行ってきました。
といっても15~20分程度なんですけどね~。
でもやっぱり気持ちいいもんです。
人間はやっぱり太陽の光を浴びるとパワーをもらうのかな。

陣馬山で、気持ちがいつも以上に浄化されたのもあったんだろうけど、たぶん最近の楽しみなことを楽しむ気持ちがあったから、このGWも先々の楽しみなことも、改めて「楽しまなきゃもったいない」って気持ちでいられたんだと思う。

いい空気を体いっぱいにした感覚ってわかるもんです。
だから、ちょっとしたことも少し考えたらまた元の自分でいようと思える。
明日からもまたガンバってまた楽しんでいこう。
2013.05.06 / Top↑
神保町と言えば、学生時代、近いのに全く行かなかった場所。

当時は皆のように楽しめない自分が嫌だったし、
就職活動も将来がよくわからず何かともがいていた時期で。。

だから卒業して何年かして行った時は苦い気持ちがよみがえったように思うんだけど、
それから更に何年も経って行ったこの日、そんな苦さはどこへやら(笑)
逆にそんな風に抱えていた気持ちさえもどこか愛おしいくらいで、
よくここまできたなあと思えたというか。
ま、私も歳とった訳ですよ・・w

そうそう、で一番の目的、ボンディのカレーライス。

いや~これだから皆に人気なのね。濃厚で本当美味しかった!!
この日は最終的に神保町→お茶の水→秋葉原→上野というルートを歩いたんだけど、
それでもお腹いっぱい感がなくなることはなく。
量が多かったけど、あまりに美味しいのでぺろりと食べちゃったんでしょうねえ。。

神保町には登山専門のスポーツ石井の本店もあったり、
コーヒーと一緒に本を楽しめるbooks Tokyodoさんがあったりして、
今の私にはワクワク新鮮。
ここの一部で森絵都さんのフェアがやっていたり、
あとこのお店がある通りがすごく穏やかでいい雰囲気でした。

今度はまた違う気になるカレーを食べに来る予定です(^。^)

CAAUD9D2CAVMHFTJ


2013.05.06 / Top↑

相手がこうしたから、こう言ったから、って思うことは誰にだってあると思う。

でも、実は自分の発言や行動が、相手の発言や行動を引き出してることはないだろうか。

絶対に自分が悪くないって言いきれるだろうか。

そういう視点に気づけているだろうか。

人間だから、皆まず自己が中心にあって、都合のいいように解釈してしまうこともあるし、

意識せずともそうしてしまっている時だってある。

でもそれがあまりに強すぎたとしたら、大事なものを見失ってしまうんじゃないだろうか。


人は鏡。

本当のことは誰もわからない。

でも、こう感じるってことはきっと、私も気をつけなさいってことで、

じゃあ、あなたはどうなのって、言われてるんだと思う。


私は私の大切な人達と一緒にこれからもいきたい。

大事なものはこれからも変わらないよ。

2013.05.06 / Top↑