日々思ったコトをつらつらと。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑


今日の高尾山は私達の中では今までにない快晴。
7月に行く事は今までで多分なかったから、湿気と暑さできつかったけど、でもやっぱり頂上でみるあの景色に心が洗われるのね。

今日は雲と空の青さに癒されたのでした(^_^)


あとね、晴れてて風が強い日の空は綺麗だから、きっと今日の空は素敵な気がする!と、夕方に河川敷に行ったんだけど、雲も巻き込んだ夕焼けのグラデーションにめちゃくちゃ感動してしまった。
思わず息をのむってこういうことかも。

携帯忘れちゃったから、また今度見られた時は撮ってみたいな。
スポンサーサイト
2012.07.16 / Top↑
思えば去年の秋ごろかな、藤田さんのワンマンライブのポスターを見てちょっと気になっていたのです。
それが今年の1月、偶然タイバンで聴けてからはこの日をすごーく楽しみにしてました。

もともとギターも歌も上手い人が歌力を増していくと、
聴いてる側は思わずギュッとこぶしを握ってしまうことがある。
でもふわっとした歌い方のときもあって、癒されたり、本当すごいなあと思う。
ギターの音色がいつ聴いても心地よい。

それでいてトークとか、いろいろ、自由(笑)

ん~本当、楽しいワンマンだったな。

絵を描く母と、字を書く父がいたから好きなのかもしれませんと歌ってくれた本編ラストの「読書」。
読書のことを歌っているんだけど、人生の出逢いと別れを繰り返すそれを温かく歌っているようにも聴こえて
優しい人生賛歌のように感じてしまった。ちょっと大げさかもしれないけど(笑)
でも私には、なんだかそんな大きいものも感じられる歌だなあと思ったのでした。

それから「ハローグッバイ」もとても好き。
詞がすごく素敵で、覚悟とか希望とかそんなものを感じる。
空を仰ぎ見たくなるような感じ。
そのうちyoutubeにもアップされるとよいな。

2012.07.16 / Top↑


土日に、センパイの好きなアーティストや吉田山田のライブに行く場合、ランチ→カフェ→ライブという流れができつつあります。

あ、ちなみにランチからアルコール入ります。これ、贅沢よね~(^^)

カフェは、三軒茶屋駅出てすぐの所にコメダ珈琲を発見したので、そこで例のあれを戴きました。
やはり、ボリューミーで美味しいっすな♪
2012.07.08 / Top↑
先輩から紹介して貰ったGRAND INOさん。
顔筋矯正やマッサージがとてもよくてめちゃくちゃ癒されるのです。

まず施術してくれる女性みなさんが素敵。ホントに笑顔が素敵な人っていますよね。自然ですごく感じがいい。

あと香りもすごく良くて、今私とすれ違う人はきっといい香り!と思うはず(笑)
でもプロユースだそうで、一般人の私は持てない香りだそうです。残念…

疲れがとれるのはもちろんだけど、癒される空間で女性らしい雰囲気の方に施術してもらうのは別世界で、普段手を抜いている私にはちょっと新鮮。普段から私もがんばろう、って思ったのでした(^_^)
2012.07.05 / Top↑
あ~スゴクやすらぐ。

熊木杏里さんを聴きながら眠るこのふんわり感!

おやすみなさい。
2012.07.03 / Top↑
思えば一年ぶりの出演だった高田リオンさん in 四谷天窓。
そして一年前のその時も、沖縄からの帰りに直接向かった自分(笑)

<セットリスト>
1.ニライカナイ
2.ひとつのサイクル
3.365日
4.僕の出番
5.夢は死なない

何かがリオンくんとちょっと共通するなあ、と思いつつ、
でもオリジナルさも感じつつ聴いていた一番手の阿部さん。
MCの中で、こんな話をしていた。

天窓のオーディションに合格した時に天窓のブッキングをされている方から
これ聴いてみてと言われてCDを渡されたんですが、それ高田リオンさんのCDだったんです。

感動でした。

そのブッキングマネージャーの方の気持ちと、
阿部さん自身がが高田リオンという人と共演することを心から喜んでいることに。
思えばリオンくんはこのライブハウスで名前が必ず出ている人で、
後輩の方達にはそういう風に見られている人なんだよね。

後で聞いたら楽屋でも聞いていない話だったそうで、
今いろんな気持ちでいっぱいなリオンくんにはすごく響いたんだろうと思った。

阿部さんがその話をしている時、リオンくんはちょうど私の右側近くにいて
ちょっと下を向いていて。 しばらくそのまま何か噛みしめているようだった。
すごく、印象的な後ろ姿。

2012.07.03 / Top↑
やっぱり、人は鏡なんだ。

自分と似てる部分を持ってるから共感したり距離が近づいたり。

でもわかるだけに、その行動に隠れてる気持ちもわかってしまう。見てるのがつらい。私も持ってるからこそ。

私は違うと思ってるみたいだけど、同じだよって言われてるみたいだ。

そう思うと、大好きだったあの人は、私のそういう部分も知ってくれてたんだなあと思う。そして私も、それなりに知っていたんだなって改めて思う。

最近ふと思い出すことがあると思ったら、ここに繋がるのかしら…?

あー、前に進んだと思ったらまたあと戻り。

なんでこんなモヤモヤしてるんだろ。

でもさ、きっとこうやって何度も気づかせてもらいながらいくんだよね。
2012.07.01 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。