日々思ったコトをつらつらと。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
二年前、平積みした本の中でふと惹かれて手に取ったのが、辻村深月さんの「凍りのクジラ」。

読み途中から、あ~この本って引き寄せられた感じだなと思ってはいたんだけど、
あのラストを何と言えばいいんだろう。

パーっと光が射してきて一気に目の前が開けるような感覚。

すごく強くて優しくて、浄化されるようだった。

ジャンルでいうと、どうやらミステリーとかSFになるらしいんだけど、
その響きとは正直違う気がする。

小説を読んでて感動するというのはもちろん今までもあったし、
直接自分がその小説の中の主人公と同じ立場だったとか設定がいつかと似ていたとかではないんだけど、
辻村さんの言わんとすることが誰にでも当てはまることで、誰にでも陥る可能性があって、
そんな中で物事の本質をさらりと入れてくるから、それが実は結構刺さる。
でもだからこそ、グッときて泣けてしまうんだろうなって思う。

あ、実際マックで泣きながら読み終わりましたけどね(笑)


それ以来、辻村さんの本はすごく好き。


今回読んだ「スロウハイツの神様」もちょっときっかけをもらった本。
ラストはまたもや一気に気持ちが入り込んでいく展開なんだけど、
あれはもう、読者はとても温かい気持ちをもらうよね。
読み終わって、なんだか色々考えたけどシンプルな気持ちになったな。

ん~何と言うんだろう。
人って、自分を救ってくれた人やもの、好きなものや大切な人含めて、
心から感謝できるものと出逢うと、それは人生に於いてものすごいパワーになるんだなって。

それを再確認させてもらえて、すごく幸せな気分になったのです。

おかげで余韻が続き、他の本がまだ読めません(笑)


でも幸せな余韻だから、ま、いっかな。

スポンサーサイト
2012.02.28 / Top↑
私の場合、blogを毎日書こうとするとストレスになるんだけど、書きたいのに書けないまま時間が過ぎていくと、それもまたストレスみたい

うーん、ちょこちょこ書くようにすればいいのかしら。

書くと気持ちもスッキリするし、文章書くのも良い事だしね。

そんな訳で、今日は友達のお手伝い兼、音楽と融合されたポールダンサーを初めて見てきました。


ポールダンサー…


響きからして、エロいのでは…


と思っていたら、セクシーでかっこよかった!

なかなか楽しかったす(^-^)ワハ♪
2012.02.26 / Top↑
辻村深月さんの小説、好きなんですよ。

最初の頃出版された小説は高校生や小学生の男の子、大学生という設定だったけど、
これは小説家や脚本家、映画監督の卵達が出てくる話。

私はこの人の人を見る視線が好きなのかな。
冷静で淡々と人を、人の暗闇みたいな書くところや、人物を掘り下げていくくだり、あと、ふとした言葉がすごく心に響く。
見えない部分を早くから想像できる人だったんじゃないかなぁと思ったり。
で、そんな所からくる温かさが好きなのかも。

本や映画、音楽ってさ、その時々にピッタリの、
不思議といいタイミングで出逢えるようになってるなあって思う。
意識してるから余計にそう思えるのかもしれないけど。


兎にも角にも、あぁ~今読めて本当に良かった!と思える本に出逢うのは嬉しい事です。

2012.02.25 / Top↑
今、お部屋探し中です。

というか、今週末気になっている物件を見学しに行ってきます♪

住まいが変わるって、私の中ではターニングポイントという印象があるんですよね~。

ある友達が実家を建て替えた後に今の旦那さんと出逢ったんで、
うちも実家を建て替えた時に「○●も何か変化があるかもよ」と言われたんだけど、
まあ・・出逢いましたよね、建て替えたすぐその後に。

で、実家を出て今の家にきたことで色々はっきりしちゃいましたが(^_^;)

最近はねえ、環境を変えたい自分がいるんですよ。

いろいろと。

前回の更新の時には全くなかった「変えたい」エネルギーが湧いてきております。

いや、正しくは仕事で目がしょぼしょぼしてるし、
いろんなものがお座なりになってますが、凹むというより打破したいーって気分。


ん~、バイオリズムとの共存。


どうか、相性のいい部屋と出会えますように☆
2012.02.16 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。