日々思ったコトをつらつらと。




ここ数年、年が明ける事に対して強い気持ちはそれほどなかったんだけど、今年はフツフツと沸いて来るものがありまして。

ずっと処分したくてもできなかったものを処分して実家の服や靴もついさっき片付けて、なんだかすごーくスッキリしました!

部屋は、心。

詰まっていたものと向き合って、取り除いていくという行為はやってみるとその大切さがよくわかるもんです。

やっとそんな時期がきたなあ、って思うのは独りよがりじゃないと信じて来年、迎えたいと思います。

最後にタイの取引先の社長の言葉を借りて。

来年がごく普通が当たり前の素敵な一年になりますように…!
スポンサーサイト
2011.12.31 / Top↑
久々のこっちーライブでした!

ここ数日、忙しいなりに仕事に面白さも感じつつ過ごしていて、でも残業が長時間になると、どこか脳も気持ちも固くなってしまってたみたい。

でも二部からでも参加して、久しぶりに会う皆さんと話したり、良いお年を!って言い合ったり。間が空いても普通に話せるようになってたんだな~。

またちょっと広がった感もあり、なんか来年へ向けて助走、ついてるみたい。(思い込みも大事ね)

さて、明日で仕事納め。
調整もまだまだしなきゃだけど、このままいってみるべし!
2011.12.28 / Top↑
111223_073523_convert_20111223091424.jpg

この寒い12月に朝ジョギングっておそらく初めて。

なんだけど、シンとした冷たい空気とキレイな青空に朝日、気持ち良かった!!
船が通った後の波立った水面に朝日が反射してたりと、心が一気に健やかになるようだ。


でね、河原を走る時に必ず聴く曲の一つに、直太朗さんの「陽は西から昇る」があるんですけど、
今日はまさに聴きたい気分だったのでマッチするな~って思いながら走ってました。

これを観たら、こういう場所に行く時に聴きたくなる気持ちをわかってくれるかしら。
この曲もPVも、本当に大好きなんす。




2011.12.23 / Top↑
やっとソフィア・コッポラ監督の「somewhere」を観ました。

画面からこの監督の温かい目線が注がれているのがとても良くわかって、まずそこで素敵だなって思った。父と娘の物語が淡々と描かれていて、でも日常の一つ一つのシーンの大切さが丁寧にしっかり伝わってきて。派手な映画じゃないんだろうけど、心の奥の奥の方にじんわり響く映画でした。

チラシにあった言葉なんだけど、「ティーンエイジャーになる一歩手前の娘」という表現、これが全てを物語っている気がする。そして最後の終わり方がまた良かったのよね~(T_T)

で、バックビートのラストをふと思い出した。
最後に多くを語り過ぎないところが素敵な映画だったよね。って。
スティーブン・ドーフとエル・ファニング、素敵な父娘でちょっと憧れちゃいました。
2011.12.23 / Top↑
菅野美穂の役は毒を含んでるようだけど、セリフ一つ一つに真理があって、今の歳になった自分には毎回くるものがあったなあって思う。

あそこまで氷の女にならなくとも弱った時の内側の感情は一人の女性でさ、皆共感するものがあるんじゃないかなあって。

だから最後の「私には関係ない事だけど。がんばりなさい」はカッコよくてグッときたよね(T_T)

あ~なんかさ、みんなピュアさは持ってるけど、無垢なピュアさに憧れるんだろうね。人って、切なくてバカで愛しいね。
2011.12.22 / Top↑
最初の会社の同期忘年会。
男子が沢山の時はいいね~、大量の肉がギラギラ光ってた(^。^)

当時は皆で飲もうっていう雰囲気の同期じゃなかったのに、なんかいいなあって思う。
唯一残っている女子友達のおかげですよ。

年を重ねると皆それぞれに楽に自分を出せているようで楽しいね。
実はそんなキャラだったんだ!っていう人もいたり。(だいぶ前に判明してるけど)
ま、私もそう言われたこともあったっけ(笑)

焼肉の後に行ったパブちっくなお店でみんなでギネス。そしてウィスキーの飲み比べ。
いや~楽しかった!誘ってくれてありがとう☆

111217_201648_convert_20111218225854.jpg


2011.12.20 / Top↑
111215_213802_convert_20111218225819.jpg

*セットリストありです。

直太朗さん見納めのこの日は母と一緒に中野サンプラザへ。

母の初直太朗の時に、母の好きな「生きとし生ける物へ」の弾き語りバージョンが、
そして今回はバンドバージョンとなっていたのでいいタイミングだったなあと。
それに今回の直太朗全開具合も見て欲しい訳ですよ。
おかげで母、声出して笑ってました。変わらないわねって(笑)

2011.12.18 / Top↑
111127_132218_convert_20111212235926.jpg 111127_140019_convert_20111213000205.jpg

前回はお店の前まで行ったのに時間がなくて行けなかったラーメン荘「歴史を刻め」。
今回は並ぶ時間も含めて行ったので、バッチリでござんした。

この日行ったのは唯一の昼も営業している日曜日。お店の前には16人くらい並んでて、
マンガとか膝かけとか、ちゃんと待つ人用のモノが店の前に用意されておりました。

姉は少なめを選んだけど、私は普通盛り。
東京の期間限定で出店していたラーメン荘「その先にあるもの」で普通を食べていたので迷わなかったけど、お店の方がね、心配してましたw でも東京で食べたことを伝えたら安心してくれて、しかも、東京最後の日は僕も行きましたよ!って話してくれまして。ちなみにこの画像、一見普通じゃん、って思うかもしれないけど、侮ることなかれ。中にぎ~っしり詰まってます。

そしてそして、店内に入るとしっかり高田リオン氏の曲が流れてました♪ うきゃー 笑

東京は何店舗も同じ空間で営業していたから音楽がかかるような雰囲気じゃなかったけど、
ここはもう完全に「お店」ですからね~。
あ、ちなみに関西4店舗全てのお店の名前の曲をリオンくんが作っております。
5店舗目とボストンのお店用の曲はまだ完成していないみたいですけど(笑)

さて、ラーメンはというと、だいたい最後の少しで、ここでやめてもいいなって感覚になるんだけど、
そこを越えればOKだし、やっぱり負けたくない!(笑) 
姉の心配そうな視線も感じつつ、自分でも今日大丈夫かしら?なんて麺の減らなさ具合だったけど、
無事、完食いたしました♪

よし、時間空けて(←ここ重要)また行くぜー!☆
2011.12.13 / Top↑
高田リオンさんのライブ、続けて行ってきました。


☆11.12.7 天窓comfort  いいくぼさおりさん企画スリーマン

1.何かしらが君を変えていく
2.パーフェクトパーソン
3.ひとつのサイクル
4.人間なのだから
5.センチメンタルバイバイ
6.365日
7.あなたの唄
+普通の唄(いいくぼさん作曲、高田リオンさん作詞)

2011.12.11 / Top↑
下書きのつもりがアップしておりました。・・では改めて(^_^;)

直太朗さんがインディーズ時代に月1だったかな、で通っていたFM802のヒロT's morning jamというラジオ番組。メジャー、インディーズ関係なく、ヒロさんはいいなって思うアーティストさんを紹介するんんだって何人もの方が言っていたけど、とにかくアーティストさんに愛されている、リスナーに愛されてる人だなあというバースデーライブだった。


最初にFM802に来た時に、DJのヒロさんに聴いてもらえますか、と渡したCD(「直太朗」)の中で、ヒロさんが気に行ったのがソフィーだったんだって。運よくすぐその場で聴いてくれて、いいよ~!って言ってくれたそう。そして、morning jamに訪れた回数第3位だって。デビューしてから9年経つのに、すごいね。


<セットリスト>
ソフィー
生きとし生ける物へ(with葉加瀬太郎)


そうそう、この日初めて植村花菜さんを聴いたんだけど、優しい歌声の中に力強さがあってCDより断然良かった!きっとこの1年でいろんな経験されたりとか関係するだろうけど、とにかく、会場が引き込まれてたのがわかった。なんとなく、直太朗さんみたいな感じ。最初聴くといい声だけど力強い方ではない印象で、でも生で聴くと、その中にある揺らぎない強さみたいなのがあるというか。。。

また機会があれば聴いてみたいっす。
2011.12.06 / Top↑
あ~、やっぱり、金曜日って嬉しい!

昨日ちょろっと弱気になっていたのに、ちょっとしたことで回復しております。

不思議じゃね~。

明日は午前中にサッと掃除して、お食事会に行ったら髪切ってこよう。



なんかね、物件もやっと探せる気持ちになってきました。


ゆっくりでもいい、みんながそうであるように、

沢山の事を感じながら乗り越えたい、乗り越えたいのですよ。

大丈夫。 きっと、大丈夫! ・・・ってか(笑)
2011.12.03 / Top↑
そういえば書いてないことってどんどんたまるね。

金時山に行った、高橋優さんのライブに行った、大阪で直太朗や他のアーティストを聴いてグッときた、それからペットショップですごく癒されたこととか、帰った後に姪っ子が泣いちゃったこと、姉と沢山話して友達みたいだなって思ったり、親から兄の続・近況報告だとか、ニュージーに帰る友達や先輩とのおしゃべりとか、アキドリライブで号泣しちゃったこととか。

時間はどんどん過ぎるね。


日々こうして人に囲まれて悔しかったり嬉しかったりして生きてるでしょ。

もちろん嫌だなあって人もいるけど、この人にも子供がいてさ、プライド高いけど上に立つ人としてがんばってんだろうなとか(って部下が思うのも変だけど)余計なこと思ったりさ、わからなかった事が経験してわかったり容易に想像できるようになったり。でもそんな事が面倒臭いな自分、って思ったり。

でも、嫌な気分になっても、ちゃんと周りを見ていたらさ、そんな気持ちを消してくれる人やちょっとした一言とか笑顔とかが必ずあるのよね。そういう事がわかってきたら、ああ、人生って超尊くね?って思う訳ですよ。で、同時に自分は幸せなんだろうなって思ってちょっと切なくなる。


今日、嬉しいなあ、って思ったこと。

歌うたいの彼女が、笑顔に癒されちゃったと書いてくれたこと。

キラキラ歌う人にそんな風に言ってもらえたら(信じちゃうぜー)

弱ってた自分はめちゃくちゃ励まされる訳です。私でいいんですか?って 笑

でも、もし本当にそうだとしたら、それは多分、いい歌を聴いたからってことなのだー(^-^)

2011.12.02 / Top↑