日々思ったコトをつらつらと。

高田リオンさん、聴いてきましたー!
ソロ弾き語り、言われてみれば確かに久しぶり。

セットリスト
1.人間なのだから
2.365日
3.センチメンタルバイバイ
4.ひとつのサイクル
5.やったじゃん(新曲)


この日はなんだろう、私にはアットホームで癒しみたいなものを感じたライブだった気がする。ギターが少し控え目で、その分歌声がすごーくよく聴こえてきて、丁寧に伝えるように歌ってるような。

で、改めて思ったこと。ああ、やっぱりギターと声だけでこんなに伝わってくるなんて、凄い人だなあと。
一方MCとかはやっぱり笑っちゃうし、いやいや良い雰囲気でした。

いつも上向きで行きましょう!という勢いのあるフリももちろん大好きだけど、
私は今回みたいな内側に秘めたような雰囲気や等身大なMCもすごくいいと思う。
いろんな表情を持った人なんだなあと、またそこに感動する(笑)

そうそう、他の出演者のわっこさん、安部たかのりさん、島田純さん、倉沢桃子さん、それぞれ個性があって、
5人もいたのにこの日もあっという間だった。先日のGibara Attack vol.3も凄かっただけに、
四谷天窓って、素敵だなあ、なんて。 ・・ま、今更ですけども。
スポンサーサイト
2011.02.24 / Top↑
先週は、仕事もバタバタしてたし、週末は会社の人のホームパーティあり、ってことで結構緊張していたんだけど、
ホームパーティーには奥さんや娘さん、更にはシャイな息子さんまで出てきてくれて、アットホームですごく楽しませてもらえた。

我が家は人を沢山呼ぶのに慣れない家だったから、今回お邪魔させてもらった方のオープンな雰囲気がとても新鮮で、素敵な家族模様を見せてもらった感じ。初めてアメリカでホームステイした時にも、そのオープンさに憧れたのを覚えてる。
犬とあんなに触れ合ったのもひさしぶりで癒されたな~。

会社は会社、って思っていつもやっているけど、やっぱり会社以外を知ると打ち解けるし印象が変わるよね。
いろんな意味で、お土産を沢山もらった週末でした。
2011.02.21 / Top↑
朝時間を特集していた2年前の回を見つけて、こんな言葉を見つけた。



----- 人生って日数にすると3万日ぐらいしかないんですね。

私は今43歳なので、健康に過ごせたとして残り1万5千日。意外に短いですよね。

だから、毎日を楽しく過ごさないと損だなって思うんです。-----



3万日。

残り1万5千日。

私も、短いと思う。


これで思い出すのが、お母さんの認知症が始まったかもと話してくれた最初の会社の同期の言葉。

「人が人らしくいられる時間ってすごく短いのかもしれないね」

確かに、生きているだけで素晴らしい。

だけど、健康で意識もしっかりしている時間はその中でも更に限られている。

そう思うと、いろんなことがありがたいよね。
2011.02.11 / Top↑
御徒町さんが朗読会で、

「なるべくドキドキせずに平静でありたい」というような事を話してた。

そういう時の方が何か研ぎ澄まされた感覚になってコトバが浮かんでくる、らしい。

でも人は恋をしちゃったりするし、やたらはしゃいだり悔しがったりもする。

御徒町さんは誰かを好きになった時も、やっぱり冷静になろうとするんだろうか。


なーんて、ふと思った。
2011.02.09 / Top↑
a0200342_2235744.jpg

最近、結構家でギターを弾いているので、ちょっと階下の方やお隣さんの反応が気がかり。

なので、人の目が気になるけど川沿いで弾いてみよう!と勇気を出して行ってみたら、
皆それぞれに走ってたり犬の散歩してたりで、あれこれ気にせず気ままにできちゃいました。
景色もよいし、空が広くて気持ち良かった~。

さすがに夕方近かったから寒くなってきちゃったけど、来てみて良かったな。
もう少し暖かくなったらまた行こうと思います。

ただあれね、ギター持っていくまでが重いんだよね・・(-_-)ノ
2011.02.05 / Top↑
Image997.jpg

この日はスゴイメンバーだからきっと混むよ、と言われていた通り、
しっかり人で埋まってました、四谷天窓Gibara Attack vol.3。

山口貴大さん、斉藤利菜さん、ノグチサトシさん、
三田村千晴さん、そして高田リオンさんというメンバー。
皆さん本当に素晴らしい人達ばかりで時間が過ぎるのがあっという間。

特に斉藤利菜さんについては去年の5月頃にsonglinesで聴いたことがあったんだけど、
歌声もトークも別人のように素敵な変化を遂げていてなんか感動。
初めて聴いた時も良かったけど、何かが大きく変わった感じ。すごく良かった。

そしてそして、このメンバーのトリというプレッシャーを感じていたとしていても、
それを何十倍にもしてステージに返してくるのがこの方、高田リオンさん。
この日はピアノ葛岡さんとベース須永さんでのサポート。

一曲目に365日。
歌力であっという間に惹きこんでいった後はちょっと肩の力を抜いていくような曲も織り交ぜて。
曲によって表情を変える歌声で満員の会場をがっちり掴んでました。

で、アンコールではギター1本の「夢を語れ」

斉藤利菜さんのお友達がラーメン荘「夢を語れ」から高田リオンさんを知っていて、
遠方からこの日ここへ来ているという話があったばかり。
一度は違う曲を唄おうとしたけど、聴きたいと思う人がいると信じて・・と唄ってくれました。

この曲はずっと、「熱い」イメージがあったし、きっと男の人の方が好きなんだろうと勝手に思っていたんだけど、
この日はじんわり温かくて心に優しく響いてくる感じ。この曲で泣いちゃったのは初めてかも。本当、素晴らしかったな。

そして最後、この日出演者も聴く側も一緒に乾杯しましょう、という掛け声があってみんなで乾杯。
ホント、すごーく楽しかった!! 記憶に残る、素敵な四谷天窓の夜でした☆

<セットリスト>
1.365日
2.ワイルドフラワー
3.ご自愛
4.グッデイ
5.あなたの唄
EN.夢を語れ

2011.02.04 / Top↑