日々思ったコトをつらつらと。

つい先ほどNHK FMで直太朗さんの弾き語りを聴いたんですが、

いいじゃないですか~(T_T)

未発表曲の「シルビア」の詞とかメロディ、いいですね~。「シルビア~」の連呼がかわいかった。
そしてなんと言っても直太朗さんの声ですよ。あの歌い方。2003年の時みたいな透明感。
そして「セツナ」。やっぱ「CDよりいい」のが直太朗さんの生唄ですよね~。
調音点が少々前気味だった少し前と打って変わって自然な感じ。
ぜひCD録り直してほしい(笑)

それにしても御徒町さん、半寝状態だったようで。
ちょっと前の直太朗さんのブログで、こっちが熱唱している時に寝ていたので、それを問い詰めてみたら、「直太朗の唄は眠りとの間で聴くのが心地よい」みたいな答えをしたとか。
半分言い訳かもしれないけど、その返しに感動すら覚えたりして。さすがです。笑
スポンサーサイト
2006.05.28 / Top↑
江原さんの本にあったんですが、たまたま見たテレビ、なにげなく聴いたセリフ、フレーズ、出会った人、それもこれも全て意味がある、という話。
最近自分で意識をしているので、余計に納得してしまうんですが、
奥園寿子さんも私にとって意味ある出会いになるような予感。
20060528223344.jpg

2006.05.28 / Top↑
かまやつさんとのセッション良かったですね~。
直太朗さんが人の曲を歌うと上手さが際立つし、いい声なのを再認識。
あんな感じであの歌い方でいつも力まずに歌ってほしい・・・。

かまやつさんの息子さんたろうさんも素敵な歌声でしたけど、血筋なんでしょうか、なにやらみな甘く伸びのある声が基本にあるようで。本当にすごい家系だ。。。
2006.05.26 / Top↑
直太朗さんと詞を共作している御徒町凧さんの第一回公演、
なんと直太朗さん出演らしいじゃないですか!
主役ではないようですが、まさか出るとは思わなかったな~。
直太朗さんと関係ない所での御徒町さんworkを観たかった気もするし、
でもやっぱり嬉しい気もするし。
ま、どのみちチケットゲットが難しいんでしょうが・・。
2006.05.25 / Top↑
今日は21時前に帰宅!これまたいつぶり??
一気にこうステップアップすると思わなかったんで、かなり嬉しいです。
やっぱりいつまでも状況は同じではないんですね(T_T) 明日も頑張るぞー。
2006.05.24 / Top↑
約2ヶ月ぶりに22時前に会社出てこれました~(T_T)う、嬉しい。
と同時に、このまま状況が変わらない気になっていた我が麻痺ぶりにも驚く。
もう5月下旬ですか。。
この調子でせめて20時前とかに出られるようになれば
平日もご飯とか行けて楽しいんですけどねえ。

久しぶりに飲み会のお話もあるし、頑張ろ~!・・って、なんだかせつないぞ(笑)
2006.05.23 / Top↑
本当はベスト・フレンズ・ウェディングをみるつもりが、突然これが観たくなって借りてきました。
思ってたよりも姉と妹の関係以外にも広がりがある話で、紐解かれていく家族の事情とか、出てくる詩のフレーズとか、全体に漂う雰囲気とか、私は好きですねー。フロリダってやっぱり国内から見てものんびりしたイメージなんでしょうか。途中から出てくるおばあちゃん役の女優さん、よく見ますけど存在感がすごかった~。
私も妹なんで、姉に対する気持とか、姉は知ってるけど自分がしらない本当の話、なんてのもとてもリアルでした。たくさん並ぶ靴だとかファッションも楽しかった。

公開された時観に行ってたら、いくら映画館でも感じ方は違った気もするけど、今日の気分に見事ヒットなお話でした。英語の勉強にもいいし、DVDゲットしたいかも~。
ただ、姉さんの彼と・・って話にゃ、ええ~って思いましたが。

ところで前から思ってたんですが、宮崎あおいちゃんが笑った時の口元、キャメロン・ディアスに似てません?・・私だけ?
2006.05.21 / Top↑
今日はいい天気でしたねー。風は強かったけど、それでも心地よかったな。

ずっと部屋の掃除をしたかったんで、自分の部屋と家全体を掃除して凄ーくスッキリしました。溜まってたものを掃き出す作業をした気分というか・・やはり部屋は心の鏡なんだろうか。

仲良し友達の中に細木数子信者がいるんですが、私はというと隠れ江原さん信者。
というか、母も姉も江原さんの本、読んでます。持ってます(笑)

いつだったか母がスピリチュアルCDを買ったと言った時、ええ!?何事?と思ったのを覚えてます。まだ江原さんの名前を知った程度だったので、姉や私がいろいろな物にハマりやすくても、母だけは現実的な人なのに、と思った訳です。
母は若くして仲良しの兄を、それから子供を亡くしていて、私が生まれた後すぐに片手が不自由になりました。私が小さい頃はよく寝込んでいたけれど、今では車も運転し人にものを教えるようになって忙しい毎日を送ってます。
そんな母が江原さんの本を読んで、とても感じる所があったと言ったら、やっぱり気になるわけですよ。

とまあ長くなりましたが、そんなんで読んだ本の中で、部屋は心の表れと書かれてまして。
私自身、家の建て替えの際に持ち物をだいぶ整理して、部屋をシンプルにするようになってから、本当に気持もシンプルになったなあと思うんですよ。
なにかストレスが溜まってても居心地のよい部屋に戻ると安心するし。
それから部屋の模様替えをする時は、これからの流れが変わるという合図らしいのですが、実際に何かさっぱりしたくて模様替えをしたら、不思議なくらい仕事もプライベートにも新たな流れが生まれまして。
それ以来、部屋は自分にとって心地よい場所にしようと心がけてます。
毎朝出掛ける時はカーテンちゃんと開けて出掛けるようにしたり、とかね。
まあ、要は自分の心と向き合える環境作りができたらいいなと思うわけです。はい。

2006.05.21 / Top↑
おだやかな土曜の朝、久しぶりです~。
GW明けも残業時間は変わらないんですが、昨日初めて光が見えてきた感じです。

ここ2ヶ月、仕事が忙しい分休みの日には何がナンでも出掛けるようにしてたんですが、
今週はさすがに体も辛くなってきて凹み気味。
でも新しい方達が早速仕事をこなしてくれたのもあって、昨日はある程度まで終えて
帰って来れました。
あまりに先が見えなかったもので、毎日必ず仕事関係の夢を見たりして(あと津波に襲われる夢とか・笑)、心身共に辛かったですよ~。
それが今日はすっきり目覚めもよくて。ああ、気持よいっす。

この週末はもう予定も入れずの~んびり過ごします。
岩盤浴行って、行きたかったお店に行って、カフェでコーヒー飲みながら本読んで、久しぶりにベストフレンズウェディングが観たい気分。
・・・普通のことが普通にできるってとてもありがたい。感謝。感謝。

2006.05.20 / Top↑
今日は地元の友達とその子供、&彼女のおかあさまも急遽参加で一緒にランチ。
グルメな親子に連れていってもらったうなぎやさんはやはり美味しかった♪
小さい頃からここの家によく泊まりに行ってたんですが、おばさんも一緒にゆっくり話すのは久しぶり。うちの家庭とは違ったオープンな雰囲気がすごく好きで、帰る時にはさみしかったのを覚えてます。ここの親子はみんな目が似てるなあ、なんて思ってたら弟にも会いたくなりましたー。

その後は別の友達の嫁ぎ先が近いという事でそちらにおじゃま。二人のコの母親ってたくましい。相変わらずパワフルだったし(笑)
そして夜もやっぱり地元の友達のおうちにおじゃましてちょい飲み。
友達同様、大物になる予感の娘っこはママと一緒でよく笑う。見ていて微笑ましいですね~。でも1日にこう、いろんな親子に見送られると、ちょっとせつなかったりして。
やっぱ子供って・・・いいですよねえ。
2006.05.15 / Top↑
この前ライブ録画を見た時は姪っ子が寝ていたのもあって静かに聴いてたもので、もう一度大音量で観たんですが・・・やば!泣けました~!

えっと、この先は直太朗さんのファンの方だけでいいと思います。はい。(笑)

2006.05.14 / Top↑
あるお店でかかっていた曲が、すごくいい感じでCOCCOの声みた~い、と思っていたら「陽の照りながら雨の降る」でした。
なんか、すごくすごく楽しみかも。一回聴いただけでいいってのは、いいんじゃないですか。
2006.05.13 / Top↑
何曲かカットされてると思ってたんですけど、
まんまとその中に例えば友よ&スキヤキが含まれてましたああ~。
スキヤキはCDのバージョンではなく、昔からのジャカジャカ弾くアレンジが好きなんで期待してたんですけど(T_T)。でもレスターがちゃんと入ってたのには満足ですねえ。
それから星屑のセレナーデ、いつからか「パッ、パラパ、パ~」と直太朗さんが歌うようになりましたが、ああいう所、すっごい好きです。そして最後のUFOみたいな振りも(笑)

そしてそして、お友達も言っていましたが、やはり伝説、それから君五(弾語りはカット)がすごく良かった。伝説、好きなんですよ。直太朗さんの弾語りのみも好きだし、いつものバンドメンバーとのコーラスで宇宙的空間になるのも好き。本当に無心で聴いてしまうというか。私の中ではライブで必ず聴きたい曲になってます。

あと最後の君五を歌う前、直太朗さん涙ぐんでました。
1年以上に渡るライブですもんね。ツアーで誕生した曲でもあるし、たくさんの出逢いがあっただろうし。それに、思えばその間に亡くなってしまった昔からのお友達がいて、大阪のライブではちょっと泣いてしまったというお話もありました。実際、君五には「遺香」という詞がありますから、不思議なめぐりあわせですね。。

そんな訳で観終わったんですが、満足したけれど会場の一体感に行けなかったせつなさも残ったりして(^_^;) 絶対次は行くぞー。


2006.05.13 / Top↑

は格別ですねえ。
そう、今週もやはり変わらぬ忙しさでした・・・が、今日で頼りにさせてもらっていた方が辞めてしまうので、今日くらい早めに切り上げてってことで近場のお店でご飯してきました。

問屋街、実は穴場のお店が多いようで、手ごろな値段なのに美味しい料理。
帰る時間が同じでも楽しい飲みの2時間なら違いますよね~ほんと。
まあ、おそらく明日がラストサタデー(出勤)だろう、とみなで期待して軽く会社には行くんですけど、今日録画した直太朗さんのライブもあるし!地元友達とも遊ぶし!なんだか楽しみ&気持いい気分ー(笑)  ああ、このまま時が止まって欲しい・・。
まずは直太朗ライブ、堪能してきま~す♪

2006.05.13 / Top↑
二日間連続でミュージカルの映画版を観るのってどうかとは思いましたが・・。
プロデューサーズを観て、よりRENTの良さを実感してしまった感が無きにしもあらず。

いや、面白かったんですよ。ドイツ人の激しい動きとかゲイの「すぅーーー・・」とか。
それに最後までコメディに徹したエンターテイメントで、エンディングロールの「ささやき」にはかなりウケましたし。
でも思ってた以上にRENTの衝撃が強かったみたいで。
全く違うタイプの作品だとわかっていても、
RENTを観た後すぐにプロデューサーズは・・かなり厳しい(笑)

友達と合致した感想は、オースティンパワーズが好きな人は絶対好きだろう、でした。
みなさん、どうなんでしょう。
2006.05.05 / Top↑

えんどう豆のコロッケ「ターメイヤ」。「エジプトが好きだから」の旅行記で、作者さん達が唯一絶賛していた?エジプト料理。ついに食べました!美味しかった!えらく緑だった! 行ったのは四ツ谷にあるエル・サラーヤというお店。テレビにも出た事があるそうで、人懐っこいスタッフさんが色々と教えてくれます。正直、モロッコ料理が全く口に合わなかった私にとってはターメイヤ以外はちょっとドキドキ。でも、モロヘイヤスープとかコシャリとか、ぜーんぶ美味しかったです。 中でも私の一番のお気に入りはエジプシャンライス。てっきり中国米やタイ米のような触感かと思っていたら、意外や意外!おこわみたい。これがチキンとジャガイモを煮込んだスープ(名前忘れました・・)とまた合うんですね~。 そうそう、このお店では毎週土曜日にベリーダンスも鑑賞できるそうです。次回はダンスとエイシ(エジプトのパン)にぜひ挑戦したい♪


20060505171645.jpg  20060505171628.jpg

2006.05.04 / Top↑
RENT06-05-04.jpg

お友達からの情報によると、な、なんと・・

RENT来日公演決定!!!

ひゃ~絶対行きたい。
2006.05.04 / Top↑
~ Five hundred tweny-five thousand six hundred minutes, how do you measure, measure a year?

オープニングで俳優達が謳い上げるこの「Seasons of Love」が、もう素晴らしい。映画そのものを物語るようなあのパフォーマンス、心揺さぶられない人はいないんじゃないでしょうか。

1989年~1990年のNYの1年間。家賃も払えない若き芸術家達がドラッグやエイズという悩みを抱えながら毎日を生きていて、ゲイやレズビアンの恋人達が違和感なく登場してきたり、主人公達ほとんどがエイズ感染者という設定。
本来重いテーマの話だけど(あ、確かに重かったけど)、死をこれだけ意識する分、音楽やダンスと共に今を生きる人々が切ないほど逞しい。エンジェルが登場して踊り出すシーンや、レストランのテーブルの上でみんなが陽気に歌い踊り出すシーンとか、込み上げるものがあります。それにどの役者さんも素晴らしい歌声で。鳥肌立ちました。

ところでこの作品、プレビューされる前日に台詞・作詞・作曲を担当したジョナサン・ラーソンが36歳という若さで死去。彼も、当時まだ無名だった出演者達も共にRENTの若者達のような環境にいて、その結束力は固かったといいます。
初演では、彼の死を乗り越えて演じた彼らの想いも作品と共に鮮烈な印象を残したようで、数々の賞を受賞し、ブロードウェイに進出してもう10年になるそうです。(去年NYに行った時、RENTも気になってたんですが、結局は観ず。ちょっと悔しい。)

ちなみに、今回のクリス・コロンバス監督も彼の作品に多いに共感し制作したそうですが、こだわったのは初演メンバーを集結させること。
実際、ミミ役のロザリオ・ドーソンと女弁護士役のトレイシー・トムス以外の主要メンバーはみな初演メンバーだそうです。年月は流れても、あの雰囲気は彼らだからこそ出せたものなのかもしれないですね。

それにしても、あの生命力溢れるSeasons of Loveが頭から離れません。
RENTのホームページを開いて聴いたこの曲の前奏、それだけで惹十分惹かれるものがありましたから。今月末、仕事で疲れた頃にでもまた観に行こうかな・・と早計画中。

予告編だと歌声も聴けます↓

http://www.movies.co.jp/rent/

追記。
ロザリオ・ドーソン、エドワード・ノートンの相手役を務めた「25時」でも印象的ではあったんですが、あんなに踊れて歌える人だったとは・・。なんだかすごく魅力的でした。
2006.05.04 / Top↑
久しぶりにスポーツクラブで汗を流した後は、「ねぎし」に行ってきました。そもそも「お肉を食べにいく」のは人に誘われた時くらいなので(好きですけどね)、牛タン&とろろがけ麦ご飯とのセットに対面するのも初めて。あんなに美味しい組み合わせがあったんですね~。

その後はプロントで軽く数杯。
なぜか沖縄フェアがやっていたので黒糖ジントニックを注文。思えばジントニックにと黒糖の組み合わせって初めてかも。ブロンズカップに入って登場したアルコールはすっかり冷えて黒糖もばっちりかかってて、なかなかでした。

ところでちょっと気になったのが隣のカップル。あまりにラブラブで、繋ぎ合い絡み合う手がもう視界に入る入る!(笑)
私からは若い女性が見えてたんで、まあ多少微笑ましい・・と思いきや、お友達からは男性が見えていて、キモイとの反応。で、ふと見ると、かな~り歳上の男性のよう。
その途端、「微笑ましい<キモイ」へ変化ですよ。この差はズバリ「歳」?
これ、人事じゃなくなるのもあと数年だったりして・・・。ああ、肝に命じておこうではないか。

2006.05.02 / Top↑
風味堂のCDを1日早くゲットしてきました。
早速ダビングして出掛けに聴いてましたが、やっぱいいです!Last Song、素敵!
ちなみに肝心のA面、最初はそれほど興味なかったんですけど、気がつけばメロディも歌詞も覚えてたりして。風味堂ワールド、ハマッてきたかも。
まずはCD購入者用のライブプレオーダー、応募でしょう。
2006.05.02 / Top↑
昨日は寝不足の為1日グダグダしてたんですが、今日は復活。
久しぶりに掃除洗濯料理&岩盤浴ができましたー。出掛ける予定がなくなっての事だったんですけど、やるべき事ができてなんだかホッ。やっぱ心も体も休めないとね。
しかもご飯を9時前に食べ終わるなんて・・ちょっと嬉しい。
よし、明日もこの調子で有意義な1日にしよう。
2006.05.01 / Top↑