日々思ったコトをつらつらと。

怒濤の一週間が終わって今日のクラスも無事終え、、,いやー、なかなか、なかなかなハードさでした。
風邪を引いた訳じゃないけどすでにおなかは昨日から弱くなってたし、やっぱり、心の張りが解けると体がずっしり重くなるもんですね。足の裏がめちゃくちゃ痛い。。 とはいえ、この1ヶ月、私の極小なキャパもちょっとは広がったのではないかと思ったり。しんどかったしできれば同じパターンは避けたいけど、でも、昨日で一つの取引先のバトンタッチも良い雰囲気の中でできたようだし、新たな段階になるのかも?という予感。来客の度にヒーヒーいってたけど、定期的に行っていたお寿司やさんも昨日で食べ納め。ふとお腹の中に入った数々の品を思うのでした。

それにしても、本当にここまで料理しなかった一ヶ月、初めて。 ←ただ単に苦手なだけ
部屋を方付けたりしたいけど、受験終わった時みたいな体引きずるような感覚になってるので、、我ながらびびります。
とりあえず、明日からまた楽しんで頑張るって思えてる自分を労うことにして、おっ疲れさ-ん。
スポンサーサイト
2017.11.11 / Top↑
大江戸温泉にてNCR大納会の初日参加してきましたー!あっという間だったけど、ホント!楽しかった~!
(たまたま辿り着いて内容見たくない方、ご注意くださーい)


なんといってもまず、直太朗さんのあのがらがら声にびっくり。ドリフェスから2日しか経ってないけど、歌う時じゃなくて良かった・・とこちらが思うくらい。あのフェスで喉ガラガラになっちゃったと言ってたけど、体調もちょっと心配だったなぁ。あ、でも基本元気だったんですけどね。

大納会の初日、しかも後ろの方の席だったので、早速直太朗さん周ってきてくれて、マッチで〜す!と皆で乾杯。「ドリフェス行きましたよー」と言ったら、多分この話初だったんでしょうね、思いのほか食いついてきてくれまして。「あ、あれ!?行った?行った?」とテレビでよく観る身を乗り出して指さしてくるやつ。目の前にその手がくるし、こちらが話す間も笑って口開いたまんまの顔(←この表情チョー好き)でそこにいるし、で、またちゃんと目を見て返してくれる。この近さでこれは、、やっぱりすごいぞNCR。なんか同僚と話すみたいなナチュラルさだったなー。ドリフェスの興奮を数日も経たないうちに伝えられる幸せ(というかこんなこと普通ないぞ)、そして多分あんな風にしっかりキャッチボールしたの初めてなので、、後からじわじわきましたw 綺麗な目がきらきらしてましたよ。。

誰も聴いてないカラオケ大会も、皆も楽しんで御徒町さんも楽しそうに司会してくれるから、こちらも益々楽しい。もののけ姫歌った方なんてみんなにウェーブを要求しててもう素晴らしい一体感だった(笑) 2人とも宴会中あちこち動き回ってくれるので、どこの席も良かったのではないかな。そして直太朗さんのサービス精神、さりげない優しさが今回もひしひしと伝わってきたのでした。最後は皆で一曲。ステージにも上がってオーケーってことで、直さんのすぐ斜め後ろから大好きな曲を一緒に歌わせてもらいました。東京は全員要浴衣着用なんですけど、みなが前に移動する時に、なんか大奥みたいだな、、とか言ってたっけw

友達もみんなこの日に当たったこともあって、それ自体も嬉しかったし、あと同じテーブルの方達もとても話しやすくてアットホーム。このタイミングで当たったのが、本当にベストだったんだと思います。もう一回行けたらそれはそれで絶対楽しいはずだけど、多分、欲出ちゃうのでw

10月から自分で行き始めたクラスや仕事で一気に生活がかわる勢いの中で、毎日計画立ててこなしてたんですけど、その折り返し地点のこのタイミング。すごーくパワーもらいました!明日からの出張と来週の来客ピークが終われば、私の緊張イベントはおおむね終わり。あとは内側を磨く方に回したいものです。セツナさん、直太朗さん&御徒町さん、いつも素敵なイベントをありがうございます。来年も、これからも楽しみにしてまーす!!
2017.11.04 / Top↑
行ってきました、ドリフェス。
もー直太朗!すんばらしいステージで会場の心を掴んで、盛り上げて、最後はKinKi Kidsへのナイスバトンタッチして去っていきました。いやーさすが!お見事!ホント最高でした。ファンとはいえ、改めてなんちゅーすごい人なんだ!!と興奮して帰ってきました♫

最初小芝居が始まった時、ファンだったら多分、笑いつつもその設定から「あ、レスターだな」ってわかると思うんですけど、周りの人の反応がただただわかりやすくて良い良い(笑)
というのが、気づいたらセンターステージ?(ちょっと前方に出たステージ)に布団があって、夕方寝過ごしてしまった主人公そのままに、むくっと起き上がってバイト先に電話し、体調悪くて休みますって話すんだけどどうやら途中で切られたっぽいという・・・(細かいわ~)。会場は「なんだなんだ!?」と爆笑の渦。しかし、歌い出したらそこは直太朗さんですよ。レスターを聴き入るさいたまアリーナの静寂。いつものツアーにある同じ種類のものでした。そしてそれが終わると今度はツアーの記憶が蘇る魂への流れ。(テンション上がったー!)

そう、今回は「絶対、大丈夫」のさいたまアリーナ版みたいな感じがして、思いがけずあの空間に再会できたようで嬉しかったです。そしてそれがほかの出演者が出る大きい場所でも、バンドメンバーをいつものように紹介して良い雰囲気がステージに漂っていて。アウェイでも変わらないあの雰囲気が受け入れられているという感動。むしろより爆笑と静寂を浮き彫りにしているような気さえしました。(その反応にファンはめちゃくちゃうれしい)そんなんで、新しいネタぶっ込んで、大きい空間を楽しく気持ちよさそうに歌っておられるのが遠目にもわかりました。で、やっぱり夏の終わりからのうんこ、きたよね。
「うんこ」の笑いの反応がツアーよりも一点集中で爆発的でめちゃくちゃ新鮮でしたw
函館の反応も大きかったけど今までで最強だったのではないかしら。あの反応。歌詞の中の「うんこ」が出てくるまで、すんごい静かだったのに(多分きれいな歌と思ってるのかも)、「うんこだな」のところで爆発的な笑いが起こり、、わたくし、痛く感動いたしました。

そして最後。「僕が言えることは、ついにキンキキッズの出番がきたということです!」と言って、「アリーナ、キンキキッズありがとう!2階3階キンキキッズありがとう!いえーい!」みたいになって、もうはちゃめちゃ。笑 私もおなか抱えるし、会場も盛り上がって大爆笑。

私の隣は高橋優君ファンとキンキのファンだったんだけど(反応でわかった)、直太朗さんの登場にかなり喜んでたし、会場の反応もすごく良くて、いわゆる対バンもいいもんだなあって思いました。メジャ-の場合はこういう時も6-7曲歌ってくれるみたいだし、周りの反応もわかったり自分がどれだけ直太朗さんの歌が好きかもわかる。そしてほかの演者さんもうまいけど、やっぱり歌でもエンターテイナーとしてもこの人のすごさを改めて感じられました。ラストは皆でキンキを迎える喜びを散々共有したあとに、会場が直太朗さんの終わりを惜しむので、今更?的な感じでしっかりそこも突っ込んで笑いをとってく直太朗さんでした。

あ、高橋優くん、たぶん彼の1stツアーぶりに生で聴いたんですが、良かったですー。泣く子はいねが、が良かったな。あの日の出演者の中で、ファンとかファンじゃないとか関係なく引きつけたのは、直太朗さんと彼だったんじゃないでしょうか。あ、もちろんキンキキッズも。薄荷キャンディーが聴けて嬉しかったし・・なんと言っても普段からMCがあんな長いなんてびっくり!めちゃくちゃ楽しいトークでした。

森山直太朗セットリスト
1.レスター@お布団の上
2.魂、それはあいつからの贈り物
3.夏の終わり
4.うんこ
5.絶対、大丈夫
6.生きてることがつらいなら
7.どこもかしこも駐車場
2017.11.03 / Top↑
折り返してから初めて参戦したあの城。
そのまま後半にぎゅっと詰め込んだスケジュールは本当にあっという間でした。

千秋楽、ありがたいことに当日券が取れて参加することができました。
最後の最後に今までで一番雨だから雨だけどを近くで聴けたり、後ろから歌ってくれた歌の生声もしっかり近くで耳にすることができたり。少し上から全体が見える席、すぐ目の前にいる直太朗さんを観れる席、舞台の縁者さんと同じ目線上の席、、本当に色々な見方感じ方をさせていただきました。(ちなみにお友達がとってくれた3回目の席は当日券で私がとった席の隣。おかげで西海さんと直太朗さんの位置で繰り広げられる細かい演出?がしっかり頭に入っているw)

この一週間、直太朗さんのほかにもミュージカルやエリーさんのイベント、自分の受講講座とか色々あって、でも体はきつかったけど、どれも心に刺激を受け充実してました。今はまだふわふわしてるけど、自分の生活はここにあって明日また始まるから、、糧にしなgきゃなあと思います。あの城のCDと映像化を首をながーくして待ちながら、そういや「絶対大丈夫」からの「あの城」、思えば二つで一つだったっていうことなのかな、などと思ったり。

そうそう、2002年の明日は直太朗さんのメジャーデビューの日。
これからもどうか、ずっとずっと歌っていてくださいね。
心からのありがとう&おめでとうを。
2017.10.01 / Top↑
観てきました直太朗さんの劇場公演「あの城」。

昨日お友達と初めて観に行ったんですが、、、
まず歌われる曲が、あの劇場で響く歌声が、この上なく素晴らしい。(心の中は感嘆とため息とニヤニヤでいっぱい・・!)
それが1日目の印象。補足しておくと、もともと私は舞台はよっぽどじゃないと何回も観に行く習慣がなく、長時間ものだと構えてしまうことも。なのでいくら直太朗さんんでもライブじゃなければ1~2回で十分と思ってました。(でも色々あって3日分行くことになり、結果本当に良かった!) ただここ数年の歌声や歌い方、復帰後の曲達にぞっこんの身としては感じ方次第で当日券もありなのかな?と皆さんの好反応を眺めながら思ってました。

実際のところ、こんな風に大好きな曲目を自然に聴ける舞台があるとは・・・って思ってたら直太朗さんもパンフの中でそう言ってた。(そうか、そういうものなのか) 劇中歌は新曲と既存曲両方あったんだけど、その既存の曲、ツアーでは多分なかなか聴けないような曲(だと思う)。ただ私としては普段から聞いてる大好きな曲なんで、まさかここで、、と本当にうれしかったです。

そして今日、思い立って当日券で観てきました。(自分でもびっくりw)
あんな風にあの曲目を感じられるなんてなかなかないし、ツアーとも異なる空間であれらの曲を聴けることがすごくありがたい機会だと思ったんですね。聴ける時にこの人の歌を沢山聴きに行こうって思っていたので、よし!ってスッと心決まりました。あとは、、私なりに理解した部分もあるけど、いつものごとくわからんこととか、どこかざわざわする部分があって、当て書きされたものなら尚更気になるところと、勝手に自分ともシンクロして突き刺さったものが何か、しっかり確認したかった。等々・・

当日券というのにかなり近い場所から聴くことができて、やたら近くて緊張しました。笑 でもやっぱり近くで聴いた時に感じられるものってありまよね。すぐ目の前で全身から放つように歌い上げる姿や歌声に何度となく心が震えて記憶に焼き付くよう。
ライブでもわすれたくない瞬間っていっぱいあったけど、それでも今日見に行けてこんな近くで感じられた感覚がすごく尊い。本当に
なんて贅沢なんだろうって思いました。
なんといっても最後の歌とその前に涙をこぼしたあの姿。曲前の台詞で目がきらきらしてるなあと思ってたら、頬をつたうから、あれって皆思いつつ胸詰まるような感覚。でも歌い出すといつも以上に何か宿ってるんじゃないかっていうくらいに圧倒的。なんとも崇高なエナジーが溢れ出るようなステージにこちらはもう、ただただ涙。心揺さぶる魂の歌。ここで歌われるべくして歌われてる感じでした。

いろんなことを考えさせられる舞台は、逃げ腰になると傷つきますね。
でもできたら、感動した思いを明日につなげたいじゃないですか。
お友達にも、並んでる時にお話した人にも、自分の直感にも、とにかくこの流れに感謝。
心が震えた感覚はまた流れていってしまうけど、こんな感覚を持った日があったことを覚えておきたい。そんな日々でした。
あと2回、あの会場に響く歌声をしっかり感じたいと思います。


あ、お友達とdishに行ってラザニア戴きました!パイもおいしかったがこれもおいしい。
そしてアップルミルクティーなるものを注文したのですが、、、これがまた美味!!アップルティにミルクがこんなにおいしいなんて、、また行った時にはこれを注文しようって思いました☆
2017.09.24 / Top↑